仲間由紀恵の夫で不倫した田中哲司の女性遍歴

女優の仲間由紀恵の夫で俳優の田中哲司が、結婚3年目にして不倫していたことが発覚した。


田中はゴールデンウィーク中に仕事で日本にいなかった仲間の目を盗み、ヘアスタイリストと不倫しており、ジャージ姿にサンダル履きという近所のコンビニに行くような服装で、帽子だけは目深にかぶっている写真が報じられている。


田中は仲間と結婚する前は、あまり名前を知られていなかったが、舞台を中心に数多くのドラマや映画に出演している人気バイプレイヤーだ。仲間との結婚で、実力のほかに知名度も上がっていた矢先だった。しかし、業界内ではもともと女癖の悪さは有名だったという。


「田中は2004年にタレントの原千晶と半同棲している様子を報じられたことがあります。その翌年に原が子宮頸がんだったことが発覚し、そのまま両者の関係は終わりましたが、その後には女優の緒川たまきとも浮名を流しました。とにかく女性に手が早く、業界内では“共演者キラー”と呼ばれていたようです」(芸能記者)


高身長で甘いマスクの実力派俳優であるため、女性にもてるのは当然かもしれない。しかし、さすがに結婚後、しかも仲間が妊娠中ともなれば、今後、夫婦間に亀裂が入るであろうことは想像に難くない。


?


学生時代から数々の女性を渡り歩いてきた

「田中は大学時代から女好きで、当時は小劇団で活動していましたが、劇団内で親密な関係になった女性は複数人いました。当時から野心旺盛で『将来は有名俳優になるのが目標』と言い切っていたので、自分が成り上がるためには、数々の女優を渡り歩くことくらいはするでしょう。三重県の実家は養鶏場を営んでいて、酒場の席では酔った友達から『鳥!』なんて呼ばれて人気者でしたよ。気さくでノリもいいので友達も多かったです。次々に女を渡り歩いても、いままで大きなトラブルにならなかったのは、そんな彼の性格だからでしょう」(大学時代の田中を知る舞台関係者)


独身の無名時代ならまだしも、ほとんどの人が知っている女優の仲間由紀恵の夫となり、年齢も51歳なのだから、そろそろ女遊びはやめて幸せな家庭を築くことを考えた方がいいだろう。


?


関連記事(外部サイト)