泰葉が元夫・春風亭小朝と和田アキ子を提訴!記者会見の一部始終

泰葉が元夫・春風亭小朝と和田アキ子を提訴!記者会見の一部始終

泰葉が元夫・春風亭小朝と和田アキ子を提訴!記者会見の一部始終の画像

タレントでアーティストの泰葉が、6月2日に東京の日比谷にある帝国ホテルで“音楽活動状況並びに一連の告発に関する記者会見”を開いた。


泰葉は元夫の春風亭小朝のDVについて提訴するとし、また和田アキ子について「あるときTBSの楽屋であいさつした際、『なんでそんな肌を露出させた服を着てるんや』と公衆の面前で言われました」と怒りをあらわにし、名誉毀損で提訴すると語った。


冒頭3分間を予定していたスピーチは12分間に及び、すでにブログで行っていた小朝への告発について「それはそれは苦しい苦しい戦いでした。自分でふたをしていた自分の傷をさらすことが、どれほど苦しいことか分かりました」などと語った。さらに、「車を運転していて後ろから席を蹴られ続けた」、「高速道路を運転しているときは恐怖」と続き、さらに“夫婦の性”については「プロのSMの人を呼んで3人で性交をしたこともあります」という告白もあり、会場は驚きに包まれた。それでも足りなかったのか、小朝について「性癖異常者です」と言い切った。


泰葉は質問を受ける前に、「男性からの強い言葉に恐怖を感じる」ことを明かし、「どんな質問でも結構ですが、優しい言葉でお願いします」と要望。会見中は穏やかな口調だったが、母の海老名香葉子さんら実家について話す際は涙ぐむ場面もあった。


実際に提訴する時期については、小朝については「夏までには」と話し、和田については明確な時期に言及しなかった。


?


空気が張り詰めていた1時間の会見

会見に行った記者は次のように語る。


「本人は会見で『自分はPTSDです』と診断書を読み上げていましたが、マネジャーもついておらず、名刺交換もままならない心理状態で、スタッフが記者との個別の接触を断っていました」


泰葉との1時間に及ぶ緊張感の漂う質疑応答に、記者たちもカメラマンたちも疲れ切った様子だったという。


「長い裁判になりそうです。特に小朝との裁判は、DVを受けたという証拠がどれくらいあるのか、音声や写真があるのかどうかが決め手になりそうです」(司法関係者)


4月に開いた社会貢献活動プロジェクト『泰葉ココロ塾』の発足記者会見では、デビュー曲であり大ヒット曲でもある『フライディ・チャイナタウン』について、「36年連続で印税が発生し、ビバリーヒルズにプール付きの家を楽々2軒は建てられたほど」と語っていた泰葉。果たして、最終目的は何なのだろうか。


?


[いっしょに読みたい]


※?酔っぱらうと何をするか分からない?夏帆の意外な一面


※ 森昌子が謹慎解除の狩野英孝断罪するも「自分は棚上げ」非難殺到


※ タレントが芸能記者に「神対応」すると記事が優しくなる?


泰葉が元夫・春風亭小朝と和田アキ子を提訴!記者会見の一部始終はまいじつで公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)