松本人志も見捨てた!? 乙武洋匡“イキリ無知”発言で復帰絶望か

松本人志が乙武洋匡氏の無知ブリを指摘 乙武氏は萩原健一さんや新井浩文被告らを比較

記事まとめ

  • 『ワイドナショー』で松本人志が「何か乙武さんがツイートしてたね」と切り出した
  • 乙武洋匡氏は萩原健一さん、内田裕也さん、新井浩文被告、ピエール瀧被告を比較した
  • 新井被告と瀧被告だけが糾弾されることに疑問を呈したが、松本は乙武氏を一刀両断した

松本人志も見捨てた!? 乙武洋匡“イキリ無知”発言で復帰絶望か

松本人志も見捨てた!? 乙武洋匡“イキリ無知”発言で復帰絶望か

画/彩賀ゆう

3月31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、同番組にコメンテーターとしてたびたび出演する乙武洋匡のイキリ無知#ュ言に対し、「松本人志がついに乙武を見捨てたwww」と話題になっている。



この日の放送では、先日68歳で亡くなった俳優・萩原健一さんの訃報に、1974年に放送されたテレビドラマ『傷だらけの天使』(日本テレビ系)の大ファンだという松本も悲しそうに故人を偲んだ。そして話題は、荻原さんが交通事故や暴行など四度に上る逮捕歴が、芸能活動において致命的だったのではないかということに。


ここで松本は、「何か乙武さんがツイートしてたね」と不満そうに切り出し、乙武が今回の訃報を受け、自身のツイッターに、


《マスコミのみなさんにお聞きしたいのですけど、四度逮捕された萩原健一さん、三度逮捕された内田裕也さんはカリスマ≠ニ持ち上げ、新井浩文さん、ピエール瀧さんは徹底的に糾弾し、『復帰は許さない』とするのは何故なんでしょう。素朴な疑問です》


と投稿したことを持ち出した。松本はこれに「いやそれは…」と苦笑いを浮かべ、「当時めちゃくちゃたたかれてたから」と、乙武の無知ブリを指摘して一刀両断。また、芸能リポーターの長谷川まさ子も「(不祥事を起こした芸能人の)家まで夜中でも行くような時代だったので…」と、当時のマスコミの激しいバッシングを振り返った。


?


自身の復帰願望がにじみ出ている

乙武といえば、『ワイドナショー』に数多く出演し、松本とも関係が良好に思えた。そんな中での、突然の松本の批判に、ネット上では、


《とうとう松本にも見捨てられたか》

《松本にすら相手にされない乙武のバカ発言w》

《単に乙武が当時のことを知らなかっただけなのに、よく偉そうなツイートできたよね?》

《『素朴な疑問です』とか、イキリオタクがいかにも使いそうなフレーズ笑うw》

《これで乙武は松本の共演NGリストに載ったかも知れんね》


など、2人の仲が亀裂したと推測する声が多く上がった。


「乙武は以前、自民党から出馬の話を持ち掛けられ、まんまと出馬宣言したものの、自身の不倫が発覚し白紙に戻された過去があるといいます。そもそもこのツイートは、不祥事を起こした自分が芸能界に本格復帰する正当性をアピールしているだけだと指摘されていますね。しかし、その重要な足掛かりとなる松本からハシゴを外されては、絶望的な状態。松本が自ら芸能人のツイートを話題に持ってくるのは珍しいので、相当怒っていると思いますよ」(芸能ライター)


乙武には、『ワイドナショー』でツイートを支持してもらえるという考えがあったのかもしれないが、少し甘かったようだ。


?


関連記事(外部サイト)