香取慎吾がジャニーズからの独立を示唆する「重大発言」

香取慎吾がジャニーズからの独立を示唆する「重大発言」

香取慎吾がジャニーズからの独立を示唆する「重大発言」の画像

6月7日に放送された香取慎吾の出演するバラエティー番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)が、番組打ち切りを予告するような内容で、ファンをやきもきさせた。また香取も、ジャニーズ事務所からの独立をほのめかすような一幕があり、「独立宣言か」とインターネット上の視聴者を騒然とさせた。


「これから大変な事はいっぱいあると思うけど」

同番組では20年前に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で放送された、津軽鉄道に絵を描く企画の“続編”を放送。電車は廃止されたが、列車の塗装も薄くなったので再び絵を描きにいくという企画だった。香取は絵を描きつつ「首都高のお台場から渋谷に向かう最中に見える東京タワーは最高ですね」と電車のよさに触れつつ、「疲れたな、つらいなと思ったときに、とうとうと明かりがついてるのを見ると寂しさを紛らわせてくれる」と『SMAP』の解散、ジャニーズ事務所からの冷遇を受けてなのか、孤独を感じさせるコメントをしていた。


さらに、これまでの20年間を「いいことも悪いこともいっぱい経験した20年間だった、それがあってこそのこれからなんだなと」としみじみ振り返り、「これから大変な事もいっぱいあると思うけど」と言葉を選びながら、ジャニーズ事務所からの独立を予感させるような言葉を発したのだった。


?


番組打ち切りの噂は絶えず…

同番組は低視聴率が続いており、打ち切りの噂が絶えない。今回の企画は打ち切りが決まったことで、香取が自ら選んだ企画だと受け取れなくもない。


さらにフジテレビの亀山千広社長が辞任、宮内正喜新社長が「バラエティー番組のコスト削減」をさらに進める方針を打ち出した。制作スタッフや番組の大幅刷新も噂されており、番組打ち切りへの要素は増えている一方だ。


ファンはSNS上で《慎吾がかわいそう。番組はなくなるのかな》、《時間は二度と戻らないよ、どうして慎吾を取り上げたのジャニーズさん》、《「SMAPは生きる意味」とまで言ってる本人が解散したがっていたのか?》、《事務所・マスコミ聞いてますか、慎吾はこれからも頑張ると言ってます》等と悲痛の声が多数上がっている。


冒頭の20年前を振り返る部分のVTRでは元SMAPのほかのメンバーの姿はなかった。ジャニーズ事務所の幹部候補といわれている木村だけは、SMAPの解散後に『嵐』、『関ジャニ∞』、『KAT-TUN』といった、ほかのジャニーズグループとの共演が解禁されたのに比べ、香取をはじめとしたほかのメンバーはSMAP時代の映像すら使用されない状況が続いている。


香取の発言は、自身が受ける冷遇に対する“悲鳴”だったのか。


?


関連記事(外部サイト)