華原朋美が明かした「まだ吹っ切ってなさそう」な小室哲哉の話

華原朋美が明かした「まだ吹っ切ってなさそう」な小室哲哉の話

華原朋美が明かした「まだ吹っ切ってなさそう」な小室哲哉の話の画像

歌手の華原朋美が6月7日に放送されたバラエティー番組『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)にゲスト出演し、「人生ジェットコースター系」として、小室哲哉との恋愛の経緯や現在の私生活を暴露した。


《周りをヒヤヒヤさせる女》というテーマで、華原は女優の波乃久里子とモデルの池田美優と共に同番組へ出演した。華原の人生を語る上で、かつて交際していた小室との話は避けられないが、「細かいことを聞いても大丈夫?」というMCの後藤輝基の問いにも、「私、全然そういうの大好き」と笑顔で応えてみせた。


さらに華原自ら、「最近のテレビはリアル性に欠けているので、リアルな自分を出していかないと」と、カミングアウトを予告した。それを受けて、指原莉乃がさっそく「プロデューサーを恋愛目線で見れます?」と聞くと、「そもそもプロデューサーが大好き」と即答するほどだった。


自宅で夜中に過ごすプライベート映像では、飼い犬と1時間にわたって話をしたあと、母親へ週に7回で2時間の長電話している姿を公開した。さらに、深夜に掃除機をかけたり、1時間ほど歌を歌うといった、近所迷惑になりそうな私生活も明らかにした。


?


小室との出会いと別れの経緯は?

小室と交際したきっかけは、華原が10代でグラビアアイドルだったときに、小室が会って見たいとアプローチしたからだという。


その後はどちらからともなくお互いに魅かれていったが、デートはあまりできず、小室が一日中スタジオにいるので、曲を作っているのをずっと見ていたそうだ。


交際期間は意外と短く2年程度で、別れ話もなく勝手に終わったと言う。最後はマネジャーもいなくなり、小室が出ていくときに洋服などを持っていくこともなかったことを明かした。そして、「いまは恋愛よりもテレビに出るのが楽しい」と言い、現在の生きがいは馬術で、小室以降にいい恋愛はできておらず、芸能人とは付き合っていないと吐露した。


?


「本当にふっ切れたのか?」と視聴者は否定的

小室との関係を話して番組を盛り上げた華原だが、残酷だったのは、観客の20代の女性がほとんど華原と小室の交際どころか、小室哲哉の名前すらを知らなかったことだ。また、小室への感謝の気持ちも語り、気持ちを切り替えたことをアピールしたが、インターネットの掲示板には、《結局引きずってる》や、《一生言い続けるつもり……?》といった否定的な意見が書き込まれていた。


果たして華原が本当の意味で“新たなスタート”を切る日はやってくるのだろうか。


?


関連記事(外部サイト)