西山茉希、所属芸能事務所の過酷な待遇訴え 「給料以外に600万円の家具」と社長反論

記事まとめ

  • 西山茉希が所属芸能事務所の過酷な待遇を一部週刊誌に訴えたが、社長は反論している
  • 西山は「2月から給料を1円ももらっていない」「事務所と連絡が取れない」などと主張
  • プロレスラー蝶野正洋はAbemaTVで「代役をあてがうことも(事務所の)仕事」と指摘

西山茉希が訴えた「ブラック事務所」騒動に社長が反論し泥沼化

先ごろ、所属芸能事務所の過酷な待遇を一部週刊誌に訴えた女優の西山茉希。一方で事務所の社長もテレビ番組に電話出演し、西山の主張に対して反論。裁判になったら「これでもかっていうくらいやってやりますよ!」と徹底抗戦の構えを見せた。


西山の主張はおおむね以下の通りだ。


《2月から給料を1円ももらっていない》

《ふたり目の子供を産んだあと、テレビや雑誌の方から「事務所と連絡が取れない」と言われ、自分に直接、仕事の連絡が来るようなった》

《過去に3、4回、社長に「事務所を辞めさせてください」と言ったことがある》

《最初に「事務所を辞めさせてほしい」と言ったら“西山がいっぱいお金を欲しがっている”という噂が流れた。さらに“親がお金を欲しがっている”という噂も流れた》

《その噂は「社長の周りの人から聞いたよ」と言われ、(辞めたいは)言ってはいけないことだと思った》


かたや事務所社長の反論はおおむね以下の通り。


《どっちが奴隷かと言われたらこっちの方が奴隷》

《(西山が去年、妊娠中に給料半額にされたとの主張には)ドラマをやる予定を飛ばした。仕事をちゃんと考えていない》

《(給料を支払っていないという主張には)今年になって内容証明がきて、頭にきて(支払いを)止めた。払ってないわけじゃない》

《(13年昇給がないという主張には)給料以外に600万円の高級家具やプライベートで運転手付き車で送迎するなど、給料以外でも手厚くしていた》


この騒動に対して周りの反応はさまざまだ。インターネットテレビ『AbemaTV』がこの話題を取り上げた際には、プロレスラーの蝶野正洋から「13年も一緒にやってるんだから、もうちょっとちゃんと話し合いをすればいいのにね」というコメントとともに、「代役をあてがうことも(事務所の)仕事」と指摘していた。ネット上では、この部分に共感する人が多かったようだ。


この騒動のなか、西山はブログなどを更新。インスタグラムには次のように投稿した。





皆様へ。 この度は突然の報道でお騒がせしまして申し訳ありませんでした。 先日記者の方の取材を受け、この様な形で、現在連絡の取れなくなってしまっていた関係者の皆様、見守ってくださっている皆様へ伝わることになりました。 本来であれば、きちんと自分の発信で現状をお伝えしなければいけないのですが、判断のつかない日々を過ごしているうちに今日に至りました。 こうしてSNSでしか届けることのできない現状は、関係者の皆様へ大変失礼なことかもしれません。 すぐに対応し、ご連絡を受け付ける場所がないことを深くお詫び申し上げます。 現在は、報道でもある様に弁護士さんにお任せして進めておりますので、ご連絡等は弁護士さんの方を窓口とさせていただいております。 何卒ご理解ご了承宜しくお願いします。 見守ってくださっている皆様、たくさんの支えとなるお言葉を、本当にありがとうございます。 皆さんのお言葉が、私の力となります。 深く感謝いたします。 取り急ぎの言葉となってしまいますが、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。 最後に、 この件で今日までご迷惑、ご心配おかけした皆様に改めて深くお詫び申し上げます。 本当にすみませんでした。 2017.6.6 西山茉希


nishi…makiさん(@maki.nshiyama50)がシェアした投稿 ? 2017 6月 6 2:19午前 PDT




//platform.instagram.com/en_US/embeds.js


西山が弁護士を窓口にしたということは、裁判を視野に入れている可能性もある。事務所社長も裁判になれば、「やってやりますよ!」と言っていることから、これからもお互いの主張をぶつけ合うことになるだろう。泥仕合は確定的だ。


?


【画像】


Emie / PIXTA(ピクスタ)


関連記事(外部サイト)