テレビ朝日の青山愛アナウンサーが退社へ、脊山麻理子のように写真集なら反響大か

記事まとめ

  • テレビ朝日の青山愛アナウンサーが7月に退社し、ワシントンの大学に留学するという
  • 青山アナは美人系で京都大学経済学部卒という経歴も、報ステでは人気得られず苦戦か
  • 脊山麻理子のように青山アナがグラビアや写真集をやれば反響は大きいとのこと

テレビ朝日・青山愛アナが退社し留学へ…今後はどうなる?

テレビ朝日青山愛アナウンサーが7月に退社することが分かった。退社後はワシントンの大学に留学し、得意の英語を生かして国際情勢などを学ぶ予定だという。


青山アナは2011年に入社。なかなかの美人系で、京都大学経済学部卒という経歴がアピールポイントだった。


「アイドルのような女子アナを目指さずに、正統派で勝負すれば、もっと評価が高かったはずです。裏声を使ってかわいい声で話そうするのは、非常に気になっていました。本人も残念でしょう」(テレビ朝日関係者)


入社後は『速報! 甲子園への道』を経て『報道ステーション』で天気とスポーツのキャスターを務めていた。


「報ステの天気を担当すると人気が出やすい。ここで男性誌に騒がれれば、朝の情報番組など次のいい番組にステップアップできるのです。しかし、彼女は報ステで、男性人気をそれほど得られませんでした」(同・関係者)


番組降板後はBS朝日の『いま世界は』を担当。昨年4月からは1年間『マツコ&有吉の怒り新党』などに出演したものの、テレビ番組の出番は増えていかなかった。


「怒り新党では有吉弘行に『冷めているよね〜』などと言われ、前任の夏目三久のようにフィットしていませんでした。本人も自覚していたようで、これで局アナ人生が終わったと感じたみたいです。深夜帯のバラエティー番組はフリーアナウンサーが出演することが多く、局アナで出世していく人間が担当することはありません」(テレビ雑誌編集者)


?


留学後の青山アナはどうなる?

青山アナの退社後のワシントン行きは、それなり算段があるようだ。


「勉強をして国際派のニュースキャスターを狙うのでしょう。テレビ朝日は自社出身者を優遇するので、再度テレビや朝日新聞で出番がくる可能性もあります。しっかりとしたメディア論を身に付ければ、コミュニーケーションキャスターとして古巣の報ステに迎え入れられることもあるでしょう。彼女だって負け犬的な退職のままではいたくないはずです」(テレビライター)


また、フリーアナウンサーであれば、正統派のキャスター以外の道もある。


「元日本テレビの脊山麻理子が先鞭を付けたといわれますが、写真集やDVD、雑誌のグラビアに進出するのも手です。青山アナが“京大卒”を前面に出してグラビアや写真集をやれば、反響はすごいはずです」(同・ライター)


今後の活躍を期待したい。


?


関連記事(外部サイト)