山下智久が幼少時に身の回りの世話をしていた「お姉ちゃん」

山下智久が菅田将暉、斎藤工、小栗旬らに初恋の相手を告白 「隣のお姉ちゃん」に驚き

記事まとめ

  • 山下智久が『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)にゲスト出演した
  • 司会の『Kis-My-Ft2』や菅田将輝、斎藤工、小栗旬らに、自分の初恋の相手のことを告白
  • 山下は2017年4〜6月期の連続ドラマ『ボク、運命の人です』(日本テレビ系)にも出演

山下智久が幼少時に身の回りの世話をしていた「お姉ちゃん」

山下智久が幼少時に身の回りの世話をしていた「お姉ちゃん」

山下智久が幼少時に身の回りの世話をしていた「お姉ちゃん」の画像

6月12日に放送されたバラエティー番組『キスマイBUSAIKU!?!?』(フジテレビ系)にゲスト出演した山下智久が、司会の『Kis-My-Ft2』やゲストの菅田将輝、斎藤工、小栗旬らに、自分の初恋の相手のことを告白した。


トーク中にKis-My-Ft2・北山宏光が山下に対し「幼なじみはいますか」と切り出したのに対し、山下は「いました。小学校のときにとなりに住んでいたんですけど」と振り返った。幼なじみの女性は「(年齢が)5〜6個ぐらい上だったんですけど…よく自宅に来ていろいろ世話をしてもらっていた。母親が昼間に仕事をしていたから“お姉ちゃん”が来てくれていたんですよ」と語り始めた。


この話を聞いたKis-My-Ft2の千賀健永は「(お姉ちゃんを)好きになったりとか、そういう展開はなかったんですか?」と笑顔で問いかけると、山下は「子供ながらに“会いたい”と思っていた。いま思えば恋愛感情に近いものもあったのかも」と、幼なじみが“初恋の相手”だったことを白状した。


?


幼なじみに気持ちを伝えなかった山下は…

「(好きな気持ちを幼なじみに)伝えた?」と問いただした北山に対し、山下は「伝えてない」と首を振り、「まだそのときは好きかどうか分からなかった」と、相手の気持ちを確かめることもなく、自身の“初恋”が終わったという。


初恋に関して赤裸々に語った山下に対し、出演者のみならず、視聴者も驚いたようだった。


ツイッターでは《初恋の相手が年上だったとは!小さいながら『会いたい』と思ったのも良い》、《母親が留守の間に面倒を見てくれたお姉さんが初恋相手なんだ。まるでドラマの世界》と、山下の初恋経験に共感する声が多く見られた。


山下は2017年4〜6月期の連続ドラマ『ボク、運命の人です』(日本テレビ系)にも出演。同ドラマでは現実離れした恋模様を描かれいるが、幼少時代の恋愛は甘酸っぱかったようだ。


?


関連記事(外部サイト)