小池百合子都知事が写真集出版「都議選前の話題作り」と厳しい声

小池百合子都知事が写真集出版「都議選前の話題作り」と厳しい声

小池百合子都知事が写真集出版「都議選前の話題作り」と厳しい声の画像

小池百合子東京都知事の写真集『小池百合子写真集 YURiKO KOiKE 1992-2017』が、6月14日に発売された。


撮影は、小池都知事を25年間にわたりプライベートも含めて撮り続けている、フォトグラファーの鴨志田孝一氏が務めている。今回の写真集ではエプロン、野球、テニス、乗馬、そしてカラオケ、セーラー服、海水浴などでの姿も公開されている。


話題性は抜群で、初版に5000部を予定していたが、予約注文が殺到したため1万5000部に変更したという。この写真集は、大手メディアはもちろん、インターネットでも話題となり、SNSなどを中心にさまざまな投稿がされている。


《小池百合子の写真集てwwwwどこ向けだよ(困惑)》

《小池百合子の写真集とかダレトクなの》

《今時はこういう世間知らずなバカを痛い女というのだが、こんなのが都知事かと思うと死にたい(~_~;)》

《頭おかしいんとちゃうか。後援会とかで配られたら迷惑だろうな。》


このように、ほぼ否定的な意見が多いようだ。


政治家が写真集を出す必要はなく、反発を買うことは予測できただろう。2015年8月に写真集を発売した上西小百合衆議院議員も、この騒ぎに便乗して皮肉を込めてこんなツイートをした。



小池百合子都知事、写真集発売おめでとうございます。セーラー服もあるそうですね。アイドルへの第一歩。このタイミングでの発売。しかも私と同じ出版社。1万5千部って私の1万部より多いな。負けたくないからまた出そうかな。私も。 https://t.co/5jbRwauxkZ


― うえにし小百合(上西小百合) (@uenishi_sayuri) 2017年6月12日


//platform.twitter.com/widgets.js


小池都知事は現在、都政で難題を抱えている時期だけに、ネット上ではこんな声も出ている。


《都議選告示直前に出す=売り上げのニュースは選挙期間中に出るって限りなく違反行為に近くないか…》


小池都知事の狙いは都議会選挙前に話題を独占することだ、という推測だ。都議選の告示は6月23日(7月2日投開票)で、写真集発売の10日後。売り上げの初動が発表されるころと重なる。


小池都知事が代表に就任した都民ファーストの会は、6月1日に都議選の公認候補予定者48人を発表。その中には歌手のleccaこと斉藤れいな氏や、元テレビ朝日アナウンサー龍円愛梨氏など、自らの知名度によって話題になりそうな候補予定者がいるが、いずれにせよ小池都知事の看板に頼る選挙戦になると予想される。


話題性は写真集ではなく、都政で出してほしいものだ。そうでなくては“都民ファースト”の名前が泣くだろう。


?


関連記事(外部サイト)