「ぐちゅぐちゅご飯」森泉の独創的すぎる料理に共演陣ドン引き

「ぐちゅぐちゅご飯」森泉の独創的すぎる料理に共演陣ドン引き

「ぐちゅぐちゅご飯」森泉の独創的すぎる料理に共演陣ドン引きの画像

モデルでタレントの森泉が、6月22日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にゲスト出演し、過去に没頭した食べ物の変わった食べ方を紹介し、出演陣から不評を買っていた。


森は『もはや中毒!森泉の変な食べ物遍歴』と題されたコーナーで、1品目に『ぐちゅぐちゅご飯』を紹介。これは、ご飯に豆腐、納豆、マヨネーズ、醤油、ごま油をかき混ぜて食べるメニューだった。MCの有吉弘行は思わず、「出たよ。森家出てるな…」と、あまりに独創的すぎてついていけないやり方だと評した。


マヨネーズを大量にかけるのは、嫌いな味をなくすため。さらに熱湯をかけるといい、苦手な納豆のネバネバ感を消すためだと説明した。この”荒技”で納豆が食べられるようになったという。しかし、マヨネーズと熱湯をかけると見た目と食感は最悪。MCの『嵐』の櫻井翔をはじめ、出演陣はすぐに試食をやめていたが、本人は涼しい顔だった。


?


「ぐちゅぐちゅご飯」のほかにもとんでもない代物が…

2品目に紹介したのは『キャビアカップ焼きそば』。その名の通り、カップ焼きそばにキャビアを乗せたメニューだ。森はいつも冷蔵庫にキャビアが入っていたというが、一般家庭にはなかなか無いものである。これはさすがに、高級食材だけあっておいしそうだが、実食したお笑いコンビ『尼神インター』の誠子渚は、「別々に食べたい」と元も子もない発言をしていた。


3品目は『白トリュフオイルかけご飯』で、ご飯に白トリュフオイルを大量にかけ、塩コショウで味付けしたもの。簡単に作ることができる上に、出演者は味に太鼓判を押していたが、そもそもトリュフオイルは高級品で、気軽に食べられるものではない。


ツイッター上でも《さっき夜会でやってた森泉の好きなご飯がやばい件》、《カップ焼きそばにキャビアを試してみた……しょっぱい。俺には無理でした》と、森の味覚を疑う声が相次いでいた。


これまではセレブな生活のおかげで“美食家”というイメージがあったかもしれないが、あまりに常識からかけ離れた食生活が発覚。森はもう、グルメ番組には呼ばれないかもしれない。


?


関連記事(外部サイト)