ジャニーズ退所後の草g剛に所属オファーをしている組織

ジャニーズ退所後の草g剛に所属オファーをしている組織

ジャニーズ退所後の草g剛に所属オファーをしている組織の画像

ジャニーズ事務所を退社すると発表した元『SMAP』の草g剛が今後、どういう動向を描いているのかについて、情報が伝わってきた。


「ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は、稲垣吾郎、香取慎吾、草gについて、『今後も応援する』と書面を出したので、邪魔はしないでしょう」(テレビ雑誌編集者)


草gは今年1〜3月期のドラマ『嘘の戦争』に主演し、同作は全話の平均視聴率11.3%という高い数字を記録した。


「出演者にアンチファンの多い水原希子がいたので、もっといい視聴率を狙えたという声もあります。不安要素を抱えても高視聴率が出せたのは、草gの実力でしょう」(同・編集者)


草gは3月6日に朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)にインタビューで登場している。そのときに草gは「SMAPであることを気にしていた」と発言。さらに「今後はドラマを増やしていきたい」とし、「結婚も考える」と語った。


「SMAPが解散し、ジャニーズからの退所も決まった現在、草gは一般女性との結婚が噂されています。また俳優業を続けたいことも明かしています。3月のインタビューとほとんど気持ちは変わっていないでしょう」(フジテレビ関係者)


?


フジテレビへの貢献度が高い草gに…

草gは、ここ数年はフジテレビのドラマ『銭の戦争』(2015年)で平均視聴率13.4%、『独身貴族』(2013年)で同11.4%と、同局への貢献度が高い。フジテレビも草gと今後もいい関係を続けたいと考えているそうだ。


「フジテレビは系列の『共同テレビ』に草gを所属させ、同局の専属俳優として出演させたいという考えも持っています。草gは人間的にも評価が高く、視聴率も取れる。フジテレビが囲いこんでもおかしくはないです」(同・関係者)


一部報道によれば、草gは香取慎吾とともにSMAPのマネジャーだったI氏と合流し、新しい芸能事務所の所属になるという話も出ている。


「I氏は現在、中国系企業でルートを開拓中で、香取と草gもそちらで活躍させたいそうです。また、韓国での草g人気を考え、韓国での仕事も構想しているといいます。しかし、それらはあくまで予定にすぎません。I氏はSMAPが人気絶頂だった時代に横暴だったせいで、芸能界で人望がなく、新しい芸能事務所をバックアップする芸能界の実力者も決まっていません。草gもフジテレビから話がくれば前向きに考えるでしょう」(女性誌記者)


草gの実力を考えれば、フジテレビ以外にも名乗り出てくるテレビ局がありそうだ。


?


関連記事(外部サイト)