「悪者にだけはならないように…」松本人志が中居正広への支持表明

「悪者にだけはならないように…」松本人志が中居正広への支持表明

「悪者にだけはならないように…」松本人志が中居正広への支持表明の画像

6月25日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本人志が元『SMAP』の中居正広がジャニーズ事務所に残る決断をしたことに対し、「悪者にしたくない」と発言した。


松本は中居について「去年のバタバタのころに比べたら、僕は少なくともあのときより、いまはいい方向に向かってると思いますよ」と分析。「中居君は聞かないのに、おれに(ジャニーズ事務所の裏話を)教えてくれるのよ。一言言えるのは中居くんが『残る』と聞いたときに、悪者だけにはならないように何かしてあげたいと(思った)」と残留を支持した。


ゲストの小島瑠璃子は「中居さんがMCの番組は、放送中に時間が足りなくて使われないとしても、絶対その場で全員しゃべらそうとしてくれる」と中居の司会としての能力を絶賛。「絶対に自分のことだけを考えて動くような人じゃない」と、残留したことで“裏切り者”と批判を浴びる中居の心境を思いやった。


?


テレビ業界と芸能事務所の関係に鋭いメスを入れた松本

松本らのコメントに対して、インターネット上では《中居君が松本さんに相談できてるって安心》、《中居が松本を信頼している証拠だ》、《まっちゃんの言い方には愛がある》、《中居には松本さんのような人がいてくれて良かった》など、松本と中居のふたりの絆に感心する声が寄せられた。


松本は以前、SMAPの解散が決まった直後に同番組で「事務所の力関係とか、大きい事務所のスキャンダルは扱えなかったりすることがあるんですよ。でもそんなん一般の人にバレてるから」と裏事情を暴露できない中居に配慮したこともある。「この違和感にテレビ業界の人たちは気づいてほしい。じゃないと時代遅れになる」とテレビ業界が芸能事務所の圧力に屈していることを暗に伝えつつ、視聴者に向けて警鐘を鳴らしている。


今回の「中居を悪者にしたくない」発言。言い換えれば「悪者にしようとするジャニーズ事務所から中居を守る」という比喩表現だったのではないか。


?


関連記事(外部サイト)