懸命の看護をした小林麻耶のメンタルを心配する周囲の声

【小林麻央さん死去】海老蔵とともに看護を続けた姉・小林麻耶のメンタルを周囲が心配

記事まとめ

  • 6月22日に亡くなった小林麻央さんの姉・小林麻耶のメンタルが心配されているという
  • 「麻耶はかつて島田伸助氏との関係を書かれたときも相当に参っていたと」芸能記者
  • 小林麻耶が立ち直るのには時間がかかりそうで、海老蔵が彼女を激励しているという

懸命の看護をした小林麻耶のメンタルを心配する周囲の声

懸命の看護をした小林麻耶のメンタルを心配する周囲の声

懸命の看護をした小林麻耶のメンタルを心配する周囲の声の画像

6月22日に亡くなった小林麻央さんの姉でタレントの小林麻耶は、最愛の妹の闘病生活を支え、公の場に現れた際には妹の様子を明かしてきた。“一卵性姉妹”と言われたほど仲がよかったふたりだけに、「彼女のメンタルがとても心配だ」という声は多い。


「小林麻耶はかつて芸能メディアに島田伸助との関係を書かれたときも、相当に参っていました。今回、母親や義理の弟の市川海老蔵とともに看護を続けていましたが、亡くなった瞬間は泣き崩れて言葉が出なかったようです。いま彼女はメディアに対して言葉を発していませんが、わざとそうしているのではなく、やはりそれどころではないほどショックなのでしょう」(芸能記者)


見てとれるほど分かる疲労しきった表情で妻が旅立った状況を事細かに語った気丈な海老蔵に対し、“ガラスのハート”を持つ姉のメンタルを心配する周囲の声は募るばかりのようだ。


?


麻耶を心配する関係者の声

「海老蔵は22日の《2人をおくり一休み》と題したブログでも《日々の戦い、まおは日々 病と戦っています。支える側の家族も 懸命に戦い 日常を何事もないかのように過ごしながら 家の中でひたすら戦ってます。》とし、《必ず光明がさすとひたすら信じて 支える。》と綴っていました。在宅医療を始めてからは、姉の麻耶も含めて、家族全員が看護に戸惑いながらも、ひとつ屋根の下で家族一緒に過ごせることの幸せをかみしめていた。麻央さん、海老蔵のブログには、そうした日々の様子が細かく記され、同じ病気で闘病している人たちにも勇気と希望を与え、悲しみや喜びを分かち合ってきたといえます」(同・記者)


「小林麻耶が立ち直るのにしばらく時間がかかるだろう。しかし、けなげにも海老蔵が彼女を激励している。妻が亡くなった当日も舞台に立っていたし、逆に海老蔵のメンタルがものすごいんだと思いましたね」(歌舞伎ライター)


「最後に姉の小林麻耶さん、麻央さんの母親、長女の麗禾ちゃん、長男の勸玄くん、そして海老蔵が麻央さんを看取った。これらの人に囲まれて旅立って、麻央さんは幸せだったのではないでしょうか。これ以上に愛してくれる人たちを探そうとしても無理でしょう。幸せな旅立ちですよ」(民放テレビ局関係者)


追悼するとともに、早く家族が立ち直ることを望むばかりだ。


?


関連記事(外部サイト)