中居正広「ヤラセはよくない」と後輩諭す

中居正広「ヤラセはよくない」と後輩諭す

中居正広「ヤラセはよくない」と後輩諭すの画像

6月26日に放送されたバラエティー番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)に中居正広がゲストで出演し、“ヤラセ”を話題とした緊急ドッキリスペシャルが行われた。


?


中居が仕掛けるドッキリでヤラセ連発

この日の放送は中居から『Kis-My-Ft2』の7人への“ありがとうロケ”というコンセプトで行われるはずだったが、これは中居による緊急のドッキリ企画。本当の企画趣旨は、Kis-My-Ft2のメンバーが、番組収録の偽演出に流されないか試すものだった。「テレビで一番やってはいけないのは、やらせだ」と本気度の低いリアクションをしないよう中居から念を押され、メンバーの表情は一様にこわばった。


スポーツが得意でない藤ヶ谷太輔は、バッティングセンターでのロケを敢行。ホームランを打つことで、スポーツの達成感を味わわせるという中居からの感謝を込めた意図のものだった。しかし、一向にホームランを打てる気配がない藤ヶ谷に、仕掛け人のスタッフが「もう一回打ってもらって、(バットにボールが当たった映像を)差し込む」と藤ヶ谷に提案。藤ヶ谷はうなずき、その後は中居やスタッフの指示に従い、ホームランを打ったかのように演技してしまった。


宮田俊哉はラーメン屋のロケで、通常の10倍以上の辛さのラーメンを食べても、嘘の感想が言えるか試すというドッキリが行われた。激辛ラーメンを食べた宮田は、苦しみながらも「絶対に食べる」と食べ続けていたものの、中居が離席したスキを見て、スープを別の容器に入れ替え、中居が戻ってきたあとも自らが食べたかのように演技していた。


?


「SMAPもヤラセのまっただ中にある」

今回の中居によるドッキリにロケについて、ツイッターでは《ヤラセはダメで、偉い人に操作されてはダメだという中居からの教えだ》、《SMAPは『ヤラセ』の真っただ中にある。事務所との力関係で言いたいことも言えない中居からの暗黙のメッセージにも思える》と面白がりながらも、中居に同調する声が多く見られた。


今回の放送は、テレビ業界のヤラセ減少につながるだろうか。


?


関連記事(外部サイト)