いまだに「女子アナのタレント化」目論むフジテレビに冷めた意見

いまだに「女子アナのタレント化」目論むフジテレビに冷めた意見

いまだに「女子アナのタレント化」目論むフジテレビに冷めた意見の画像

フジテレビの女子アナウンサーがレギュラー出演し、“○○パン”の番組名が付くバラエティー番組が3年ぶりに復活し、7月3日(深夜25時25分〜)からスタートする。10代目に就任するのは、今年4月に入社したばかりで、女性ファッション誌『non-no』の元モデルという経歴のある久慈暁子アナだ。


久慈アナは入社3カ月での抜擢に「自分の名前を付けてもらえたからには、アナウンサーとして番組を上手に回していけるようになりたい」と抱負を語った。


「パンシリーズは、2000年の『チノパン』(千野志麻アナ)から始まり、2014年の9代目『ユミパン』(永島優美アナ)で終了していましたが、3年ぶりに新たに始めることになりました。久慈アナは元モデルで、女性からの人気も高く、フジテレビとしてはここで一気に人気にしたい算段なのでしょう。しかし、世間の反応は『いまさら○○パンとか言ってるのか』と、冷めた意見の方が多いようです」(芸能記者)


そもそも○○パンとは、初代の千野志麻アナがズボンの“チノパン”と掛けてあだ名で呼ばれてことで始まり、その後もアナウンサーの名前に“パン”を加えた番組名が踏襲されてきた。しかし、千野のほかは6代目の山ア夕貴アナが“ヤマサキパン”だった以外、言葉のつながりがあるわけでもなく、逆に“○○パン”という響きに不快感を示す視聴者が増えたため、番組を続けなくなっていた。実際に、インターネット上では否定的な意見が飛び交っている。


《いいかげんフジテレビは危機感を持てよ。まだパンとか言ってるのか》、《つまらない呼び名を付けるより、新人にはきちんとしたアナウンス技術を身に付けさせるのが先》など、視聴者はすでに“パン離れ”しているのが現実のようだ。


?


女子アナ間で軋轢を生むことも

「元フジテレビのアナウンサーだった高橋真麻は、日本テレビのバラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』のなかで『例えば女の子(女子アナ)がふたり入ると、ひとりには“パン”が付いて、もうひとりには付かないわけですよ。だから、そこで軋轢が生まれて…』と明かし、女子アナ同士で人間関係が悪くなることを暴露していました。最近では、日本テレビの笹崎里菜アナに対していじめが行われているのではという報道がありましたが、久慈アナも露骨に優遇されると他人事じゃなくなるかもしれません」(前出・記者)


フジテレビの女子アナがアイドル扱いされるのは、いまに始まったことではない。だが、○○パンの番組を放送していたころは、視聴率も高かった時代だからこその話。本来のアナウンサーの役割は、視聴者に情報を正確に伝えることだ。


「フジテレビはアナウンサーを育てるのではなく、専属タレントを作る局」などと言われているようでは、今後も低迷が続くことになるだろう。


?

関連記事(外部サイト)