東山紀之がテレビ朝日『サンデーLIVE』でキャスターに ジャニーズ社長の座に近づく?

記事まとめ

  • 朝のニュース情報番組『サンデーLIVE』にジャニーズの東山紀之がキャスターとして登場
  • 日本テレビ『シューイチ』、TBS『サンデーモーニング』とニュース情報番組の激戦区
  • ジャニーズのタレント社長候補筆頭は近藤真彦で、東山はここへ割り込んでいった状況

ニュースキャスター就任で東山紀之がジャニーズ社長へ

テレビ朝日が10月に新設する日曜日の朝のニュース情報番組『サンデーLIVE』に、ジャニーズ東山紀之がキャスターとして登場する。東山はキャスターに初挑戦だ。


午前5時50分から2時間40分にわたって生放送する大型情報番組で、ニュースのなかから“日曜の朝だからこそ知っておきたい”テーマを分かりやすく紹介するという。日本テレビの『シューイチ』が午前7時半、TBSの『サンデーモーニング』が午前8時から始まるニュース情報番組の“激戦区”に、テレビ朝日も参戦することになる。


「これでジャニーズ事務所の社長になるための“権利”を正式に手にしたと言っていいでしょう。キャスターは、社会派だった東山が夢にしていた仕事で『成功して文化人になってジャニーズ事務所に貢献できれば』と周囲に語ったともいわれています。また、そういった仕事が決まったことで、東山がジャニーズ事務所と一体になったことも明らかになったといえます」(芸能プロダクション関係者)


テレビ朝日の新しい“日曜朝の顔”となる東山は「ドラマでは演じたことのあるキャスターに、本当になれるなんてうれしい限りです。この僕をキャスターに選んでくださるとは!」と大喜び。「放送に向けて週1回の勉強会もありますし、とても楽しみです」と張り切っている。


?


キャスターで成功することが社長の座を近づける

「ジャニーズ事務所の次の社長は、ジャニー喜多川がもし退任するなら、副社長のメリー喜多川の娘である藤島ジュリー景子だと相場が決まっています。しかし、タレントから社長を選ぶのであれば、候補筆頭は近藤真彦です。東山はここへ割り込んでいった状況です」(同・関係者)


東山がキャスターとして実績を作り、政治や事件に一家言ある文化人になれば、ジャニーズ事務所の次期社長への目は、自動車レースに傾倒している近藤以上となるかもしれない。ただし、事務所関係者は「次の社長がタレントだなんてあり得ません。うちは陰に徹するマネジメント畑の人が常に社長だよ」と懐疑的だ。


東山は2015年にドラマ『○○妻』(日本テレビ系)で人気キャスターを演じ、“歯に衣着せない明確な物言い”が堂に入っていると話題になった。このことが今回のキャスター起用につながった部分もあるだろう。


「僕自身も父親になり、昔よりも社会の情勢を知りたいという欲求が強くなっています。同時に、伝えることも年長者の役割なんじゃないかと感じる日々。今回のチャンスは非常に有意義です」と東山は意気込みを語った。


「ジャニーズ事務所内での地位がさらにアップするし、好感度が上がる可能性も大きい。もともと根がまじめな東山は、この番組で一気にキャスターとしてブレイクして、ゴールデンタイムのニュース番組へ進出する可能性もあり得ます。そうなればジャニーズ事務所の稼ぎ頭になるかもしれません」(芸能記者)


東山は勝負の時を迎えている。


?


【画像】


Satoshi KOHNO / PIXTA(ピクスタ)

関連記事(外部サイト)