「ゲスの極み乙女。」のドラマーが衝撃事実を次々告白

7月9日に放送された『行列ができる法律相談所』(日本テレビ系)に音楽バンド『ゲスの極み乙女。』のドラマーであるほな・いこかがゲストで出演し、25歳で結婚していたことや、ボーカルの川谷絵音とベッキーの不倫騒動時の夫婦事情を冗舌に語り、インターネット上が騒然としている。


司会の東野幸治から「家族や友人から不倫騒動のこと、いろいろ聞かれたでしょ」と聞かれたほな・いこかは「マネジャーから『報道が出るよ』と言われてコンビニでサッとみてあーこれはヤバいと思った」とコメント。女優の佐々木希と結婚したばかりの『アンジャッシュ』の渡部健から「われわれと変わらないね」と同調され、スタジオは爆笑に包まれた。


さらに東野が「バンドの休止に伴い、急に休みができたらどうしよう、友達と旅行に行こうみたいなふうにならなかった…あっ結婚してるのか」と質問され、ほな・いこかは「ゲスの極み乙女として『いろいろ番組とか出させてもらうぞ』っていうときぐらいの25歳のときに結婚しました」と、いままでオープンにしていなかった個人情報を突然に明かした。


?


バンド休止時は「お金を使うのが怖かった」

「ご主人と旅行へ行ったりするのか」との問いかけにほな・いこかは「休止期間は変にお金使うの怖かった。だって事務所もないんで」と振り返った。また、東野は「今回の不倫騒動で“ゲスの極み乙女”って名前、嫌になったでしょ」と質問されると、「本当ですよ」と川谷の“悪行”を振り返りつつも、「あの人すぐ曲が出てくるんですよ、天才ですよ」と川谷の音楽的な才能を讃えていた。


ほな・いこかは以前に『週刊文春』誌上で音楽関係者と結婚していると報道されたが、事務所や本人はノーコメントだった。


ほな・いこかが大っぴらに自身の話を打ち明けたことに対し、ネット上では《女優になったのも衝撃だし》、《いこか様が結婚を公式に認めたって初めてじゃない》、《いこか様が既婚者だったとはショック》、《いこか様のサラッとぶっちゃけてくれるところがいい》と戸惑いながらも、ファンはほな・いこかを支持する声が多数を占めた。


?


【画像】


Graphs / PIXTA(ピクスタ)

関連記事(外部サイト)