「フジテレビ新社長初会見」で言及されたおじゃMAPの運命

「フジテレビ新社長初会見」で言及されたおじゃMAPの運命

「フジテレビ新社長初会見」で言及されたおじゃMAPの運命の画像

フジテレビの宮内正喜新社長が7月7日、東京都内で初の定例会見を開き「キーワードは“変わる”。新しい風を吹かせたい。全日帯が好調なので、ゴールデン、プライム帯にも反映させたい」と話した。


「これはフジテレビの番組編成が大きく変わると捉えてもいいでしょう。“変わった”というシンボルとして視聴者を納得させるには、話題の番組を差し替えるのが一番分かりやすい。そこで候補に挙げられるのが、元『SMAP』の香取慎吾が仕切る『おじゃMAP!!』です。この番組を差し替えることが、フジテレビの改革の第一歩でしょう。10月には全く違う番組が立ち上がっていると思われます」(放送作家)


9月8日をもってジャニーズ事務所との専属マネジメント契約を終了する香取。その香取がレギュラー出演している同番組の存続について、石原隆編成統括局長は「10月改編は調整中。(出演者は)番組にふさわしいかで選んでいる。ジャニーズ事務所を辞めることは影響しない」と話した。つまり、続くなら現状のメンバーでやる、別メンバーで番組を継続するなら、いっそ打ち切るという意味にもとれる発言だ。


「しかしながら、おじゃMAPとしては、まだまだ企画も出ており、キャスティングもかなり先の方まで進んでいると聞いています。いまのところ打ち切りの予兆は何もありません」(番組関係者)


?


次々と終了を予感させる香取の出演番組

2012年にスタートし、ほかの番組と比べても出演者の結束が固いといわれるおじゃMAPだが、ここ最近は毎年のように予算が削られ、最近では地方にバスツアーに行くことが定番になってきたという。


「先の放送では、『香港ディズニーランド』へ行って来ましたが、これはかなり予算を使った方です。この大盤振る舞いを見て、逆に『ああ番組は終了に近づいているなあ』と感じた関係者は多いかもしれません」(テレビ雑誌編集者)


日本テレビの歴史あるバラエティー番組『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』も、香取がジャニーズ事務所との契約が切れることにより同番組を降板することが濃厚と報道された。


「香取は次々と番組を降板し、このまま海外に移住することも考えられます。ただしテレビ番組の編成は水もの。視聴率がよければ続きますし、悪ければ違う番組になるだけの話。番組が続くなら香取が海外に行く理由はなくなります」(同・編集者)


前出の石原統括局長は『27時間テレビ』の明石家さんまと中居正広の名物コーナーにも触れ、「調整中」と話している。これらのことから、いかにジャニーズ事務所に気を遣っているかが露見された


この秋のフジテレビの番組改編には注目が集まる。


?

関連記事(外部サイト)