『名探偵コナン』黒幕はやはり阿笠博士!? 作者の一言で推理が加速

青山剛昌氏「名探偵コナン」は3ヶ月で終わると思ってた 黒幕は"阿笠博士"説に加速

記事まとめ

  • 24日の『1周回って知らない話』に「名探偵コナン」原作者の青山剛昌氏が出演した
  • 青山氏は人気に最初は戸惑ったようで「3カ月くらいで終わっちゃうかなと」と告白
  • ファンは黒幕を「最初の3カ月の間に登場しているキャラ」と、阿笠博士を予想した

『名探偵コナン』黒幕はやはり阿笠博士!? 作者の一言で推理が加速

『名探偵コナン』黒幕はやはり阿笠博士!? 作者の一言で推理が加速

(C)Vladimir Zaplakhov / Shutterstock

現在公開中の映画が、興行収入100億円を視野に入れるほどの大ヒットを記録している『名探偵コナン』。漫画連載25周年にして一番の盛り上がりを見せている大人気の同作だが、4月24日放送の『1周回って知らない話』(日本テレビ系)に原作者の青山剛昌氏が出演。ここで語ったことに、驚きの声が上がった。



青山氏は「コナン」人気に最初は戸惑ったようで、「3カ月くらいで終わっちゃうかなと思った」と告白。また、「コナン」といえば対立する黒の組織≠フ真相にファンが興味を寄せているのだが、青山氏は「もうオチは決まっているからね」と衝撃発言をした。


現在95巻まで刊行されている「コナン」だが、「100巻だとキリがいい」という思わせぶりな発言もして、ファンからは、


《100巻完結説濃厚なのかな》

《それは無理だと思う。 1年以内に終わるの?》

《とても数巻で終わるように見えないんだけどな》

《オチ決まってるなら早く終わらそ!! 黒幕気になり過ぎて》


など大きな反響が起こった。


?


初期の構想から変わっている可能性も…

「コナンファンの間で最も会話のネタになるのが、黒の組織≠フリーダーは誰なのか。漫画ではまだ明かされておらず、さまざまな予想が飛び交っていますね。しかし、青山氏が『3カ月で終わると思っていた』と発言したことから、リーダーは最初の3カ月の間に登場しているキャラの可能性が高い。すると、やはり阿笠博士が黒幕説≠ェ有力となりますね」(エンタメ誌記者)


ファンの間では、以前から阿笠博士が怪しいといわれてきた。というのも、黒の組織<<塔oーの名前は、ウオッカ、ジンなど、全員酒≠ノ関係する。そして、「アガサ」という名のカクテルも存在するからだ。


「一方で、阿笠博士が黒幕説≠ヘ、ファンにあまりにも予想されてしまったため、青山氏が変えたという説も飛び交っています。最初の数カ月の連載時ならともかく、阿笠博士はもう25年にわたって<Rナンを支援し続けている(作中では数カ月だが…)。今さら黒幕と言われても、矛盾するシーンが多く出てしまいますよ」(同・記者)


果たして、「コナン」はどんな結末を迎えるのだろうか。


?


関連記事(外部サイト)