再婚報告の陣内智則「デリカシーのない返事」明石家さんまを糾弾

再婚報告の陣内智則「デリカシーのない返事」明石家さんまを糾弾

再婚報告の陣内智則「デリカシーのない返事」明石家さんまを糾弾の画像

7月11日に放送されたバラエティー番組『踊る!さんま御殿!! 3時間SP』(日本テレビ系)にゲスト出演した陣内智則が、番組内で明石家さんまのデリカシーのなさを語り、インターネット上で話題となっている。


陣内は2007年に女優の藤原紀香と結婚したが、2年ほど離婚し、6月30日に松村未央とフジテレビアナウンサーと再婚することを発表した。そんな陣内は、番組内の《この人、デリカシーないなと思った時》がテーマになったとき、藤原との離婚時のエピソードを語った。


さんまからデリカシーないなと思ったときのことを聞かれた陣内は、迷うことなく「これはもう、あなた明石家さんまです」とさんまを指さした。陣内は「離婚して、仕事がなくて落ち込んでるときに、さんまさんとお世話になった島田紳助さんに『これから芸能界どうすればいいのか分からない。どうしたらいいでしょうか』ってメールしたんですよ」と相談したことを明かした。


?


自分のことしか考えていないさんま

島田紳助からは「いまは耐える時期や、いまはじっとしゃがんで我慢せぇ、その代わりケツは地面に付けるな」と激励されたという。一方で「同じメールをさんまさんにも『どうしたらいいのか分からないです』って送ったんですよ、そうしたらすぐ返ってきて、『そんなことより、俺おもろい』ってきて」とメールを事実上無視したことを暴露した。


陣内は松村アナとの再婚発表の前に、さんまと島田にメールで報告したという。すると島田は「おめでとう。松村アナを人生を懸けて幸せにしてあげてください」とふたりを祝福したそうだ。しかし、さんまは「ミヤネ屋で見ました。宮根が陣内の笑いの才能がすごいと言ってました…悔しいです」と相変わらず自分のことしか考えていないデリカシーのなさを批判していた。


陣内の一連の発言に対し、ツイッター上では《デリカシーから一番遠い存在になることが面白くなる秘訣かもしれない》と納得する声と、《暴力団と関わりがあった人物島田紳助を持ち出す陣内もデリカシーがない》などと逆に陣内を批判する声も多く見られた。


?

関連記事(外部サイト)