とにかく明るい安村「16キロダイエット成功」芸風不安が背景か

「安心してください、はいてますよ」でおなじみの芸人、とにかく明るい安村が、7月11日に東京都内で行われた映画『ビニー/信じる男』のPRイベントに出席した。


「ボクシングの減量に励む映画の主人公ビニーに倣い、当時93.1キロだった体重を80キロまで減らすことを宣言していたのです。失敗したら貯金200万円を持ってマカオでカジノを行うことを約束していました。本人はかなり食事制限や運動などを行い、体重計に乗ると77キロちょうど。残念ながら海パンがおなかの肉に食い込む芸はできなくなりそうですが、減量は見事に有言実行を果たしました」(芸能関係者)


16キロの減量に成功した安村は「野菜や鶏の胸肉中心の食事に加えてスクワットなどの運動も行っていた」と言い、約2カ月前の自身のパネルと見比べながら「よくこんな体で生活してたなと思いますね。周りからは心配もされたりしましたけど、本当に体も軽くて、健康的ですごくいいなと思います」と満足げに話した。


「ダイエットもそうですが、安村は『一発屋芸人をどう脱出しようか悩んでいていた』ことも痩せた原因だといわれています。まじめな性格で『お客さんを喜ばせるにはいままでのネタからの脱却が必要』と考え込むタイプなのです。ダイエットしつつ新ネタを考えていたのではないでしょうか」(同・関係者)


?


「筋肉芸人」への転向も模索しているというが…

安村はウケないと、とにかくナーバスになる性格だという。


「これから作家やマネジャーたちと方向転換をしていく話し合いを重ねていくと思いますが、落ち込んでさらに痩せないとも限りません。少し心配です」(放送作家)


今後については「せっかくこうなったので、(ダイエットを)継続していきたい。芸風的にも今後変えていかなきゃなっていうのもある」と、これを転換期にしたいと考えていることを明かし、「筋肉芸人を目指そうかなと思って。小島よしおさんとか、『オードリー』の春日さんとか、庄司知春さんとか。約1年後ぐらいにはムキムキになりたいなと思っています。家の近くのジムとも契約しました」と語っていた。


「体を鍛えた芸人の“枠”はもう一杯です。『ミキティ〜』と叫ぶ庄司智春や『ペナルティー』のワッキーもいるし、なかやまきんに君もいる。いまから参入するのは厳しいでしょう。やはり体のフォルムを使ったネタが、お客さんにとってはピンと来るのではないでしょうか」(同・作家)


「安心してください、新ネタです」となる日は来るのか。


?


【画像】


(C)Roman Stetsyk / Shutterstock

関連記事(外部サイト)