史上初の黒人演歌歌手「ジェロ」の現在! オリコン131位で爆死の後に…

黒人演歌歌手ジェロの近況などを紹介 外資系IT企業でコンピューター関連の仕事に

記事まとめ

  • 黒人演歌歌手のジェロが、メディアに出なくなったと思われる理由や近況などを紹介
  • 音楽誌ライターは「古いものを好む演歌ファンからはなかなか受け入れられず」と分析
  • ジェロは日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場

史上初の黒人演歌歌手「ジェロ」の現在! オリコン131位で爆死の後に…

史上初の黒人演歌歌手「ジェロ」の現在! オリコン131位で爆死の後に…

史上初の黒人演歌歌手「ジェロ」の現在! オリコン131位で爆死の後に…の画像

アイドル、バント、俳優など、芸能界にはジャンルを問わず一発屋≠ニ呼ばれる者が存在する。人気に火がついて一瞬で消えていく彼らだが、実は一発屋≠ニは無縁のイメージがある演歌界にも数多い。



2008年にシングル『海雪』でデビューした史上初の黒人演歌歌手・ジェロ。彼は現在、全くと言っていいほどお茶の間に姿を現さなくなってしまった。デビュー曲『海雪』は、第50回日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞。同年の『第59回NHK紅白歌合戦』に初出場するなど話題を集めたが、一体なぜメディアに出なくなってしまったのだろうか。


「もともと、演歌は若者に人気な分野ではありません。それが『史上初黒人演歌歌手』という売り出しにより、老若男女に消費されるメディアの餌≠ノなってしまいました。過度な露出から飽きられるのも早かった上、古いものを好む演歌ファンからはなかなか受け入れられず。セカンドシングル以降はどんどん売り上げを落とし、16年に発売したシングル『うぬぼれ』は、オリコン最高131位という散々な結果に終わっています」(音楽誌ライター)


?


演歌歌手から異例の転身!?

人気が落ちていったジェロだが、16年にはボストン大学大学院の通信課程に入学し、情報科学セキュリティーについて学ぶことに。昨年18年に修了すると、同年2月24日にはデビュー10周年記念コンサート『感謝感激』を開催している。


大学院修了を経て歌手活動を再開すると思われたが、同年5月11日に自身の公式サイトで芸能活動休止を表明。公式サイトには、


《突然ではありますが、ジェロは無期限の活動休止となりました》

《この春にボストン大学の大学院を卒業したことを機に、本人の強い希望により、あらためてコンピューターの仕事に就くこととなりました》


というスタッフのコメントが掲載され、ネット上には


《歌声が大好きだったからショックだな…》

《フックがあり過ぎてイロモノと見られてた》

《歌はうまいけど演歌歌手としてはコブシが使えてなかったよなぁ》

《実力はあるのにインパクト重視でいったプロモーションが悪い》

《クリス・ハートに完全に座を奪われたな》


などと、さまざまな反応が上がった。


演歌歌手という地位を捨てて、外資系のIT企業でコンピューター関連の仕事に就いたジェロ。休止という名の引退宣言にも思えるが、再びマイクを握って表舞台に立つ日は来るのだろうか。


?


関連記事(外部サイト)