久慈暁子アナ異例の「めざまし」抜擢で押し出される女子アナが…

久慈暁子アナ異例の「めざまし」抜擢で押し出される女子アナが…

久慈暁子アナ異例の「めざまし」抜擢で押し出される女子アナが…の画像

フジテレビの新人女子アナウンサーの久慈暁子アナが、7月10日に『めざましテレビ』に初登場した。新人アナが同番組にレギュラー出演するのは初めてのことだ。


「久慈アナはすでに自身の冠番組『クジパン』の放送が始まっている“異例の抜擢”を受けている存在です。新人とは思えぬ厚遇にフジテレビ局内では『エコひいきだ』という声が出ています。しかし、民放のここ数年の新人のなかでは際立って評判がいい存在でもあります。凋落著しいフジテレビなので、スター作りが急務なのでしょう」(テレビ雑誌編集者)


久慈アナは青山学院大学卒で、加えて女性ファッション誌『non-no』の専属モデルとして活躍した経歴もある。目鼻立ちがはっきりとした美形だ。


「フリーになった加藤綾子がフジテレビに入社したときとよく似ています。加藤は“スーパー綾子”と呼ばれ、入社前から騒ぎになっていたほどでした。加藤を越えたとは言えませんが、それに近い騒がれようです」(女子アナライター)


加藤の新人時代の冠番組『カトパン』は10月に放送が始まっている。クジパンはそれよりも3カ月早くスタートした。


「クジパンの制作発表に加藤を呼ぶなど、厚遇の度が過ぎているのは確かです。同期入社の海老原優香アナがちょっとかわいそうになります。海老原アナは、元『ミス学習院』で、美人でスタイルもいいのに完全に差を付けられました。内心の嫉妬はすごいみたいです」(同・ライター)


?


10月にはめざましテレビの出演者に変化が?

現在、久慈アナはめざましテレビにレポーターで出演している。現場の数を経験させることが目的のようだ。


「9月までリポーターをやって、10月からスタジオ内での役割が与えられるではないかと思われます。そうすると、当然ながら過剰人員が出ます。局アナなら番組異動、フリーなら降板でしょう」(前出・編集者)


そうとなれば、経費節減効果もあるフリーアナウンサーが真っ先にふるいに掛けられるだろう。


「健康的な色黒の肌で人気だった岡副麻希が降板だと、もっぱらの噂になっています。画面の端っこになると顔だけヒョイと出したり、Vサイン出したり、うざったがられ始めました」(フジテレビ関係者)


さらに局アナの山ア夕貴アナも降板要員になっているという。


「6月にお笑い芸人のおばたのお兄さんと交際が発覚したことが災いしました。交際を認めたものの、直後におばたの浮気が明らかになったのです。山アアナは恥をさらし、局の幹部も怒りを隠していません」(同・関係者)


久慈アナの厚遇はどこまで続くだろうか。


?

関連記事(外部サイト)