草g剛に複数の芸能事務所が「争奪戦」開始!俳優の力量見込まれ

草なぎ剛所属先を巡って芸能プロダクションが争奪戦か 編集者「共同テレビが有力視」

記事まとめ

  • 草なぎ剛の次の所属先を巡って各芸能プロダクションの争奪戦が始まっているという
  • 市村正親が『誰だって波瀾爆笑』で「演技がうまいと思う俳優」に草なぎの名を挙げた
  • 草なぎ出演の『スペシャリスト』『銭の戦争』『独身貴族』は高い視聴率を残した

草g剛に複数の芸能事務所が「争奪戦」開始!俳優の力量見込まれ

草g剛に複数の芸能事務所が「争奪戦」開始!俳優の力量見込まれ

草g剛に複数の芸能事務所が「争奪戦」開始!俳優の力量見込まれの画像

草g剛の次の所属先を巡って各芸能プロダクションの争奪戦が始まっている。草gの人柄のよさと演技力の高さが注目を集めているという。



「事務所が横柄なら、タレントも横暴なのがジャニーズです。でも、そんななかにあって、草gの人間性は芸能界で評判がいい。話し方が丁寧で、何より敬語が使えます。ジャニーズにありがちな“乱交話”の噂もこれまで一切ありません」(ジャニーズライター)


草gの演技については、俳優の市村正親が7月9日放送の『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)で「演技がうまいと思う俳優」に草gの名を挙げていた。


「番組で市川は、俳優として『好きなタイプは草g君』と語り、『役によって本当に違う。そこがすごい』と褒めていました。ジャニーズというと木村拓哉が看板俳優のようにいわれていますが、草gは木村が太刀打ちできないほど、さまざまな役がこなせます」(同・ライター)


草gはジャニーズ事務所在籍として最後の作品となった今年1〜3月期のドラマ『嘘の戦争』(フジテレビ系)で、全話平均の視聴率が11.3%を記録した。


「ヒロインにアンチファンの多い水原希子がキャスティングされていなければ、もっと視聴率が取れたといわれています。それでいてふた桁視聴率を記録できたのは、草gの実力があるからです」(テレビ雑誌編集者)


草gは2016年に出演したドラマ『スペシャリスト』が平均視聴率12.6%。2015年『銭の戦争』が同13.4%。2013年の『独身貴族』が同11.4%と、主演すれば常に視聴率11%以上の高い視聴率を残している。


?


具体的な芸能事務所の名前も

「6月19日に稲垣吾郎、香取慎吾とともにジャニーズ事務所を退所することを発表しました。これと同時に、各大手芸能プロダクションは3人のなかでも特に草gに興味を示し出したのです。中小だったらジャニーズの圧力で獲得してもつぶされる可能性がある。でも大手だったら、対抗も可能です。ジャニー喜多川社長が独立組3人を『応援している』と言っているので、露骨に妨害もできないはずでしょう」(同・編集者)


すでに獲得に名乗りを上げている芸能事務所の名前も囁かれている。


「フジテレビが草gのことを最も懇意にしている影響で、子会社で芸能人のマネジメントもしている共同テレビが所属先として有力視されています。またフジテレビと関係が強い芸能プロH社も有力です。ほかA社、K社の名前も出ています」(同・編集者)


草gはジャニーズから出て正解だろう。


?

関連記事(外部サイト)