おばさんに暴言連発! 木南晴夏『セクシー田中さん』のクズ男がなぜか大人気に「逆に信用できる」

木南晴夏主演の『セクシー田中さん』"クズ男"笙野浩介(毎熊克哉)の好感度が急上昇

記事まとめ

  • 『セクシー田中さん』で、"女性に失礼なことを言う天才"笙野(毎熊克哉)の台詞が話題に
  • 田中京子(木南晴夏)はベリーダンサーであることが会社の同僚にバレ、会社を休みがちに
  • 笙野が田中の自宅を訪れ言い放った言葉に「逆に好きになってきた」などの声があがった

おばさんに暴言連発! 木南晴夏『セクシー田中さん』のクズ男がなぜか大人気に「逆に信用できる」

木南晴夏 

木南晴夏 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 


11月26日放送のドラマ『セクシー田中さん』(日本テレビ系)で、〝女性に失礼なことを言う天才〟ことサラリーマンの笙野浩介(毎熊克哉)による〝デリカシーゼロ〟セリフが話題になっている。


仕事は完璧だが地味な経理部のアラフォーOL・田中京子(木南晴夏)の裏の顔は、エキゾチックなベリーダンサーだった。周囲の人と触れあって、やがて本当の自分を見つけていく。


【関連】65歳ピンク・レディー未唯mieの“くびれ”にうっとり… 『セクシー田中さん』で魅惑のボディーラインを披露 ほか


笙野は36歳の商社マン。結婚願望が強く、誠実そうに見えるが、実は女性への偏見をまき散らしており、多くの女性を敵に回しているキャラクター。最初は〝おばさん〟だと思っていた田中さんと触れ合ううちに、自身の考えに変化が生まれてくる。


第6話では、田中さんがベリーダンサーであることが会社の同僚にバレ、会社を休みがちになってしまう。心配した笙野は田中さんの自宅を訪れ、「もし会社で浮いたり馬鹿にされたりしているなら、それは田中さんの怠慢だと思います」と言い放った。


突然批判をされて面を食らう田中さんだが、笙野は続けて「会社の人たちに、前の俺みたく〝おっぱい出して踊ってるおばさん〟って思われたまま終わるの悔しくないんですか! 僕は悔しいです」「ズバリ、宣伝不足です。田中さんをちゃんと知れば、みんな田中さんを好きになりますよ」と、身バレは本来の魅力をプッシュしていくチャンスだと力説する。


笙野の言葉に、田中さんは「所々失礼なことを言われたような気もしますけど、大丈夫です。伝わりました」とホッとしたような笑顔を見せるのだった。


真夏のシンデレラ』のあいつとは大違い


「笙野は初登場から偏見まみれの失礼発言を繰り出し、〝クズ男〟として視聴者の好感度がゼロからスタート。しかし、最近のエピソードでは田中さんを理解し、失礼ながらも笙野らしく熱心に応援する様子が描かれ、《デリカシーないの逆に好きになってきた》《お世辞いわなさそうだから逆に信用できる》と好感度が急上昇中です。


デリカシーがなくとも笙野が魅力的に見えるのは、ひとえに脚本の妙。前期の月9ドラマ『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系)にも〝デリカシーゼロ系男子〟がいましたが、好感度が最後まで戻ることはなく、ただ不快な存在に成り下がっていました」(芸能ライター)


『セクシー田中さん』をコメディー調のドラマだと思ったら大間違いである。


サンドウィッチマン好感度急落の危機! “パワハラ・セクハラ問題”を擁護して炎上 「意識の違い」と的外れな見解に「バランス感覚やばい」

激ヤセ・神田正輝が2週連続で『旅サラダ』欠席…重病説を否定もファンに募る不安

新海誠監督に見出された森七菜と原菜乃華の差がクッキリ! 演技力以外に考えられるのは…


関連記事(外部サイト)