『翔んで埼玉』大ヒットでも“日本アカデミー賞”では圏外に!? 『新聞記者』に敗北した悪夢が蘇る

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 『翔んで埼玉』続編が公開4日間で興行成績1位になるも、前作と同様日本アカデミー賞では他作品に賞を奪われる可能性が指摘された。
  • 社会派映画『怪物』が最有力候補だが、前回は話題作『翔んで埼玉』より低興収の『新聞記者』が受賞し、世論が激怒していた。
  • 今回は『怪物』と『翔んで埼玉』の争いとなるかもしれないが、再び話題作が疎外される可能性も指摘されている。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

gackt

GACKT (C)まいじつ 


11月23日より公開された映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』が絶好調だ。日本アカデミー賞の各賞を総なめにすると期待されている。


2019年に公開された前作『翔んで埼玉』は興行収入37.6億円のメガヒット。第43回日本アカデミー賞では最多12部門を受賞し、そのうち、監督賞、脚本賞、編集賞の3部門で最優秀賞を受賞した。


今作の『~琵琶湖より愛をこめて~』は、公開4日間で44万4000人を動員、6億2900万円の興行収入を記録。前作比で160.9%という数字で、3週連続で1位だった『ゴジラ―1.0』を抜いて首位スタートを切った。


【関連】GACKT『翔んで埼玉』続編は最高傑作?「これ以上を生み出せない」と困惑か… 【芸能人タロット占い】 ほか


「これで来年発表される日本アカデミー賞は、『ゴジラ―1.0』と『翔んで埼玉』の二択に絞られたと指摘する声があがっていますね。


興行収入的には『キングダム 運命の炎』、『ミステリと言う勿れ』、『劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室』なども候補に入るとは思われますが、話題性ではこの2作品が圧倒しています」(芸能記者)


最有力補は『怪物』か…


しかし、それに待ったをかける作品もある。


「是枝裕和監督、坂元裕二氏脚本の『怪物』です。日本アカデミー賞は漫画の実写作品などエンタメ色が強い作品は評価されない傾向にあるので、こういった社会派の作品が最終的に賞を総なめする恐れがあります。第43回日本アカデミー賞でも、『翔んで埼玉』は結局、主要な賞は全て、興収4.8億円の爆死映画『新聞記者』に持っていかれていた。


この際、ネット上は《翔んで埼玉に取らせるわけにいかないから新聞記者がアカデミー賞だったのでしょうか》《これで日本アカデミー賞の価値が知れましたね》《話題にもなってない作品がなんで最優秀作品賞を取るのかね》と大炎上していました」(同・記者)


果たして今回はどうなるのだろうか。『怪物』はそこそこ話題になっていただけに、やはりこちらが本命か…。


ToshlとYOSHIKIの確執が露呈? HEATHさんのお別れ会・献花式に姿を見せなかったワケ

フジテレビの『ハライチ』ゴリ押しは継続! クリスマスに低視聴率番組『ぽかぽか』特番を放送

“逆忖度”でTOBE優遇?『ベストアーティスト2023』ジャニーズ排除の一方で、不人気アイドルが出演

関連記事(外部サイト)