キンプリ永瀬廉と『Number_i』に格差広がる ドラマの主演から降格、映画『法廷遊戯』も伸びず…さらなるプレッシャーが

Robot Icon

AIざっくり要約

  • キンプリ永瀬廉主演予定のドラマ『厨房のありす』が、門脇麦を主演とし永瀬を2番手に降格。
  • 永瀬は過密スケジュールの影響で体調面の問題が指摘されており、この降格は休養を兼ねたものだと指摘されている。
  • 一方、新グループNumber_iは人気を集め始め、King&Princeはこの時期に今後の方向性を見定める必要があるだろう。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

永瀬廉 

永瀬廉 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 


2024年1月から新ドラマ『厨房のありす』(日本テレビ系)がスタートする。早くも出演キャストをめぐって、波紋が広がっているという。


同ドラマは生きづらさを抱える人々が紡ぐ、少し切なくて温かいハートフルミステリー。自閉スペクトラム症の料理人・八重森ありすを俳優・門脇麦が、彼女の料理店に住み込みバイト希望でやって来るフリーター役を『King & Prince』の永瀬廉が演じる。そして、ありすを男手一つで育ててきた父親役を名バイプレイヤー・大森南朋が務める。


【関連】キンプリ永瀬廉の“汗の量”が尋常じゃない!『Mステ』での異変に心配の声相次ぐ「休んでほしい」 ほか


「門脇を主演に、その脇を永瀬と大森が固める形となっていますが、実をいうと当初は永瀬主演で話が進んでいたそうです。


しかし旧ジャニーズ事務所の性加害問題をきっかけに、タレントを起用するスポンサーの撤退が続出。上層部から企画の見直しを求められ、最初は門脇との〝W主演〟に落ち着くはずでしたが、最終的に門脇が主演、永瀬を〝主役級の2番手〟に降格させたといいます」(芸能ライター)


とはいえ、ファンから聞こえてくるのは、意外にも《ちょっとでも休めるなら2番手でもいいのかも!》《体調優先だもんね》という声。その理由として、永瀬の〝体調面〟が大きく関係しているようだ。


永瀬廉の降格は体調面考慮のためにちょうどいい?


「ここ最近の永瀬といえば、映画やドラマに引っ張りだこ。聞こえはいいですが、裏を返せば休む暇がなく、かねてよりファンからは心配の声が上がっていました。11月10日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、相方の髙橋海人がそれほど汗をかいていないのにもかかわらず、永瀬だけが大量の汗を流していたことが大きな話題に。


また、永瀬が主演を務める映画『法廷遊戯』の動員数&興行収入は出だしこそ良かったものの、平日の空席を指摘される始末。『ゴジラ-1.0』でも同じような状況ですが、興収の差は歴然。『法廷遊戯』は10億の壁すら程遠く、永瀬にとってはプレッシャーになっているもしれません」(芸能ライター)


一方で元King & Princeのメンバーが結成した新グループ『Number_i』は、YouTubeの初動画が即20万回再生を超えるなど順風満帆。徐々に人気の差が開いてきているため、そろそろ永瀬と髙橋は身の振り方を考える時期に差し掛かっているだろう。


永瀬の負担が少なくなったこの時期に、今後のKing & Princeの方向性相談会議が行われるかもしれない…。


『Mステ』Vaundyの“ビッグマウス”に呆れ声…有吉弘行も苦言を呈した『紅白』でのスベり芸は健在?

『乃木坂46』松任谷由実のカバーで炎上騒ぎ! 生歌が「放送事故レベル」と話題 ユーミン本人もさらりとダメ出し?

『世界一受けたい授業』打ち切りの本当の理由は!? 視聴率低迷でもないのに何故…

関連記事(外部サイト)