「黒革の手帖」武井咲に「若過ぎて見るに堪えない」厳しい評価

「黒革の手帖」武井咲に「若過ぎて見るに堪えない」厳しい評価

「黒革の手帖」武井咲に「若過ぎて見るに堪えない」厳しい評価の画像

7月20日から武井咲主演の連続ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)がスタートした。松本清張作品のなかでも屈指の人気を誇る作品なだけに、期待も高い本作だが、早くも失敗を予感させる書き込みがSNSで散見されている。


《武井では若過ぎる。やはり米倉涼子がやった『黒革の手帖』のイメージが抜けない》

《全然似合わない 清張モノなら他にもっと合う作品があるんじゃないの》

《武井は演技うまいらしいけど、わざとお嬢さんくさいしゃべりが嫌で見たくないんだよな》

《キンキン声がうるさい。小娘の粋を抜けない》



松本清張の名作小説が原作で、武井演じる原口元子(銀行の派遣行員)が、脱税の隠し口座にある1億8000万円を横領するという物語だ。


「銀行で“脱税のための口座を作っている個人情報のリスト”が書かれた黒革の手帖を掲げ、『週刊誌に売りましょうか』と銀行を揺さぶる元子。『1億8千万円返してくれたら、派遣行員ではなく正行員にしてやる』という銀行からの条件を突っぱねて、『お金の返済の要求をしないという念書を書いてください』と迫るシーンは、半グレのキャバクラ嬢が誰かを恐喝しているようにしか見えません。要するに、武井が主役ではこの作品では若過ぎて見るに堪えないのです」(ベテラン演出家)


?


イメージチェンジを狙っての主演だが…

武井は主人公の原口元子を史上最年少で演じるにあたり、「できるの? と、試すような目が多い気がする。元子のように打ちのめしたいなって思っています」と周囲を射抜くような鋭いまなざしで意気込みを明かしていた。


「この仕事を武井が受けたのは、“美少女路線からの脱却”を武井もスタッフも望んだからです。しかし、力が入った演技は空回りしています」(芸能関係者)


ドラマではクラブを新規開店するにあたり、真矢ミキが演じるママが「銀座とほかの場所のお店とでは決定的に違うところがある。銀座ではお客さまの守秘義務があるの」と諭すシーンで、武井が皮肉っぽく笑うシーンがあった。これに苦言を呈す芸能界関係者もいる。


「あの場面は神妙な顔をしないといけない。演出も手ぬるい。このままでは米倉涼子バージョンの黒革の手帖には完敗だ」(演出家)


真矢のほかにも、江口洋介、仲里依紗、滝藤賢一、高嶋政伸、高畑淳子など、実力のある俳優たちが出演している。共演者に頼らず、武井が自らの演技で批判を跳ねのけてほしいものだが…。


?

関連記事(外部サイト)