「アッコにおまかせ」明らかなホリプロへの「忖度」に批判殺到

【松居一代と船越英一郎の離婚問題】『アッコにおまかせ!』ホリプロへの"忖度"に批判

記事まとめ

  • TBS『アッコにおまかせ!』で、船越英一郎と松居一代の離婚問題が取り上げられた
  • 和田アキ子がエキサイトしたため、カンニング竹山やあびる優など出演者は大慌てに
  • 番組内では"ホリプロ"ではなく"船越の所属事務所"と紹介したため視聴者からは非難も

「アッコにおまかせ」明らかなホリプロへの「忖度」に批判殺到

「アッコにおまかせ」明らかなホリプロへの「忖度」に批判殺到

「アッコにおまかせ」明らかなホリプロへの「忖度」に批判殺到の画像

7月23日に放送された『アッコにおまかせ』(TBS系)で船越英一郎松居一代の離婚問題が取り上げられた。その際に、番組が違和感の残る表現をしたことで、番組を見た視聴者たちが物議を醸している。



番組では、松居が不倫女性の実家を2度にわたり訪問し、住居人がジェスチャーで帰るよう促しても呼び鈴を鳴らすなどの行為をしたという記事を紹介した。


和田は当初、船越夫妻の話題そのものに興味がない様子を見せていたが、記事元が『週刊文春』だと知ると、「本当のこと、公になった明確な事実だけを取り上げてよ」と急に声を上げた。そして、「動画とかSNSに上げるなら番組側に連絡してくりゃいいのにねえ」と松居を批判し、カンニング竹山が「放っておけばいいんですよ」といさめたものの、和田は怒りが収まらない様子だった。


『女性セブン』によって内容が報じられた、松居が船越にあてた9枚の遺書について、和田は「全部読んだ」と明言。当番組パネラーあびる優が「結局読んでるじゃないですか」と指摘すると「変に取られるのは嫌じゃん」などと、さらにエキサイトしていた。さらには、「今日はいらだってるから」と言い放ったため、出演者は大慌てになっていた。


?


「事務所の圧力に屈した」と視聴者からは非難

番組内では船越の所属芸能事務所を《ホリプロ》ではなく、終始《船越の所属事務所》と紹介し、ホリプロが松居に名誉毀損や威力業務妨害の法的措置を講じた記事を紹介した。和田の所属事務所もホリプロだが、この話になると急にトーンダウンし、特に触れることなく次の話題に移った。


視聴者から《なぜホリプロと言わないのかこれが忖度というものか》、《不快感のある松居叩きだな》、《松居のことをずっと批判してるけど、船越と同じ事務所か、それなら納得》などと、和田やプロダクションへの批判が殺到している。


松居が動画をインターネット上へ投稿し始めたのは、テレビで情報発信するのを嫌ったためだ。自ら「日本の最大のメディアはテレビ。でもわたしが動くとホリプロは局に圧力をかけるから『SNSしかない』と思った」と言っている。


“芸能界のご意見番”として名をはせる和田だが、事務所の圧力には従わざるを得ないのだろう。


?

関連記事(外部サイト)