松居一代動画の「影響」YouTube上の無責任ゴシップ一掃か

松居一代と船越英一郎の離婚騒動で、YouTubeの"芸能人ゴシップ動画"一掃か

記事まとめ

  • 船越英一郎が所属する芸能事務所ホリプロは、松居一代に対して、法的措置の準備に
  • 夫の性の情報をYouTubeで広めること自体、事実に関係なく名誉毀損が成り立つという
  • この顛末で、一般人の作る芸能人の誹謗中傷動画にも裁判所から削除命令が出る可能性

松居一代動画の「影響」YouTube上の無責任ゴシップ一掃か

松居一代動画の「影響」YouTube上の無責任ゴシップ一掃か

松居一代動画の「影響」YouTube上の無責任ゴシップ一掃かの画像

女優の松居一代との離婚騒動の渦中にあり、夫の船越英一郎が所属する芸能事務所ホリプロは、7月21日にブログや動画などで船越の不倫疑惑などについて暴露を続ける松居に対して、名誉毀損や業務妨害などを理由に法的措置の準備に入ったことを発表した。



船越が所属するホリプロは「松居一代氏の、当社所属タレント船越英一郎に対する一連の言動には、裁判所の判断を仰ぐべきものが多く、これ以上看過することのできない問題であり、本日、当社として、名誉毀損(きそん)および業務妨害などを理由とする法的措置の準備に着手しましたことをお伝えいたします」とコメントしている。


松居の船越に対するSNSを使った松居の攻撃はエスカレートする一方で、21日にはYouTube上で『“THE TRUTH”FROM TOKYO JAPAN』というタイトルの動画が公開された。「Hello my name is Kazuyo Matsui」というスピーチで始まるこの動画は、自分が女優であり、夫の船越も有名な俳優で2001年に結婚したことや、その“なれそめ”が英語で全世界を意識した構成で作られている。夫の不倫相手がハワイ在住で、松居のベストフレンドだと語り、またここでも船越がバイアグラを愛用していると主張している。


?


名誉毀損は成り立つのか?

「夫の女性関係や性の情報をYouTubeで広めること自体、事実であろうとなかろうと名誉毀損が成り立ちます。さらに、ブログへ《引き続き、今日も正しい要望をNHK様に、頼みますよ今、すぐに、司会者を変えていただこうあたしたちは、受信料を払っていることを忘れないように》とか《妻の親友と、不倫だよ それで、一回の出演料40万円だ 今日も声を届けようぜ》などと書き込んだ内容も、夫が相手とはいえ、夫婦げんかの領域を超えています。かなりの確率で名誉毀損や業務妨害が成り立つ可能性が高いのです。これは、いくら不倫されたからといって、“夫婦しか知り得ない事実”を公にしていい理由が阻却できないためです。船越さんはタレントですが、政治家のような公益性も認められません。ブログやユーチューブは単なる誹謗中傷だと裁判では認定されるでしょう」(司法関係者)


この顛末で注目されるのが“特定の芸能人を誹謗中傷している動画”の削除命令が出たときに、一般人の作る“文字と音声だけでタレントの醜聞を流す”といった類いの動画も対象になるのかどうかだ。


その可能性は大きいと、この司法関係者は言う。


「松居が裁判所に動画の削除を命じられるのは必至です。広告目当てで、芸能人のスキャンダルの顛末をテレビ報道や週刊誌報道から引っ張り、文字テロップや音声でゴシップを流している動画も、今後は裁判所から簡単に命令が出るかもしれません。YouTubeで簡単にゴシップを流すのは不可能になるため、安心する芸能人が増えるのではないでしょうか」


松居とホリプロの争いが、無責任なゴシップ動画から芸能人を守る“意外な効果”を生みそうだ。


?

関連記事(外部サイト)