「新東京五輪音頭」を歌うのは誰?「利権」の争奪戦激化

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの大会機運醸成のため、1964年の東京五輪時に流行した『東京五輪音頭』を現代風にアレンジした『新東京五輪音頭』が作られ、7月24日に披露された。歌うのは加山雄三と石川さゆりのベテラン歌手ふたりと、CM曲から人気が出た竹原ピストル。保険会社のCMで流れる「よー、そこの若えの〜♪」というフレーズの歌を聴いたことがある人も多いだろう。


「これで3人は歴史に名前を残すとともに、莫大な利権を手にしたことになります。東京五輪のテーマは、2020年に五輪が終わってからも延々と歌い継がれていくことでしょう。1964年のときの三波春夫は、約250万枚を売り上げ、いまもなお人々の耳に残っています」(芸能関係者)


最初の東京五輪音頭は1963年6月に発表され、三波春夫、坂本九、橋幸夫ら10組の歌手が歌唱した歌だ。


?


まだ「新東京五輪音頭」を歌う歌手は増える?

「大会組織委員会としては、夏祭りシーズンのいまの時期に、音頭の復活をアピールして、エンブレムをあしらった浴衣や法被などを発売して機運を高めようという狙いがあります。3年後の東京五輪に対して、『こんなに暑い時季に…』という批判や、新東京国立競技場の建設現場が過酷な労働条件になっているという報道、築地市場跡地の五輪道路問題など、いまだマイナスイメージが付いて回っているため、少しでもそれを避けようという思惑もあります。新音頭の話は明るい話題ですから」(全国紙社会部記者)


ちなみに、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式が行われる7月24日を、東京都内の道路交通の混乱を避けるため、この年に限って『体育の日』にするアイデアも浮上しているという。


「音頭は1964年のときと同様に、あと5〜6組の歌手が選ばれる可能性もあります。売りたい歌手を抱える芸能事務所は、ここぞとばかりに森喜朗組織委員会会長に懸命に営業をかけるのではないでしょうか。音頭を歌うメンバーに選ばれれば、食べていくことには一生困らないでしょう」(同・記者)


誘致する前から終わったあとまで、やはりオリンピックにはありとあらゆる利権が絡むのだろう。


?


【画像】


hilight / PIXTA(ピクスタ)

関連記事(外部サイト)