「コード・ブルー」注目女優は新垣結衣でも戸田恵梨香でもなく…

ジャニーズの山下智久が主演を務めるフジテレビの“月9”ドラマ『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』の第2話が7月24日に放送され、平均視聴率は15.6%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)だったことが分かった。初回放送の同16.3%は、今クールの連続ドラマのなかで1位になり、好スタートを切っている。


2週連続で15%超える視聴率になり、月9としては2014年7〜9月に放送した木村拓哉主演『HERO』(26.5%→19.0%)以来3年ぶりだった。


「第2話は、新人フェロードクターの横峯あかり役を演じる新木優子が取り上げられた放送回でした。撮影前後には、雑誌のインタビューやスポーツ新聞が、人気急上昇中の新木に関する記事を出していて、共演の戸田恵梨香がやっかむほどに注目を集めています」(芸能記者)


新木は23歳の新鋭女優。2014年からファッション雑誌『non-no』の専属モデルを務め、2016年には深夜ドラマ『ラブラブエイリアン』(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演を果たし、注目を集めた。


「特に女子中学生や女子高校生に人気があるカリスマモデルです。広告代理店関係者に言わせると『いまイベントで呼びたいタレントでベスト5に入る』というほど人気は急上昇中です」(同・記者)


?


前評判の高い新木に戸田や新垣結衣は…

このドラマの魅力は、タイトル通り“救命”にある。ドクターやナースが対峙する、極限状況でのやり取りが人気の要因だ。


「緊迫した場面の多いドラマですが、新木はひょうひょうとしながらも芯の強いフェローの役をうまく演じています」(演出家)


ここまで注目されていると、戸田や新垣結衣と撮影現場で上手くやれているかが気になるところだ。


「新木は明るい性格なので、撮影現場では周囲に自然とスタッフが集まって、それを疎ましく見ている新垣や戸田の視線をたまに感じるのは事実です。ですが、チームワークがよくて仲がいい撮影クルーですから、嫉妬とまではいかないのではないでしょうか」(テレビ雑誌ライター)


しかし今後、同ドラマがシーズン4に入り、さらに続いていけば、物語の上で新木が主役に近い存在になってきてもおかしくはない。


「いまは新垣と山下がふたりとも主役のようになってうまくいっていますが、シーズンが重なれば“両雄並び立たず”となって新垣が外されるかもしれません。そのときこそ、新垣と仲がいい戸田が“嫉妬の炎”を本格的に燃やすはず…」(同・ライター)


新たなキャストも評判になるほど、コード・ブルーは盤石だということか。


?


【画像】


(C)Stephen Coburn / Shutterstock

関連記事(外部サイト)