元AKB・高橋みなみ「目標は中森明菜」でも全国ツアーが…

元AKB・高橋みなみ「目標は中森明菜」でも全国ツアーが…

(C)まいじつ

元『AKB48』の高橋みなみが“歌手廃業”の危機に立たされている。ソロ歌手としての目標に中森明菜の名前を挙げていたが、その存在には届きそうもない状況だという。



「高橋は昨年4月、AKBを卒業するにあたってスポーツ紙の取材に対して『目標は明菜さん』と語っています。AKB時代に絶大な人気があったというわけでもないので、このコメントは風呂敷を広げ過ぎた感じがします」(AKBライター)


昨年10月には、ファーストソロアルバム『愛してもいいですか?』をリリースした高橋。槇原敬之、玉置浩二、高見沢俊彦など大物が楽曲を提供したが、初週売り上げは約1万枚だったという。


「高橋のアルバムが売れたという話は聞いたことがありません。有名人の最低プレス枚数とされる1万枚をそのまま売り上げで報告した可能性もあります」(音楽ライター)


目標に掲げた中森は、昨年末のディナーショーが1人4万円の高額にもかかわらず完売し、追加公演も行ったほどの人気を誇っている。


「明菜は宇多田ヒカルとともに、日本で最も稼ぐ女性歌手のひとりです。宇多田は新曲の売り上げが高いのですが、明菜は旧作やカバー曲でが近年好評です。しかも芸能事務所に所属していないため、管理や宣伝費をかけずに稼いでいます」(同・ライター)


高橋は『AKB選抜総選挙』の最高位が4位。その際にも1位の指原莉乃には大きく水をあけられていた。そのためか、この7月から始まった全国ツアー『高橋みなみ2017ライブハウスツアー〜たかみなについて行きますreborn〜』も大変なことになりそうだという。


?


かつてのリーダーシップも空回り

「9月までに全国15カ所を回る予定です。でも、客席数200の福島県内のライブハウスや、オールスタンディングでキャパ約300人の福岡県の会場など“小箱のライブハウス”ばかり。5月から売り出したのに、いまだ売れ残りがある状態のようです」(スポーツ紙記者)


9月26日には4年5カ月ぶりの新曲『孤独は傷つかない』のリリースを予定しており、その初回限定版の特典として、今回の全国ツアーの映像が収録された映像が付くという。


「あまりにも客入りが悪くガラガラの場合は、掛け声や空席の部分に画像や音声の処理せざるを得ないでしょう。一時、高橋は政治評論家の田原総一朗氏から政治家転身を勧められたりもしました。リーダーシップがあるということで評価されたので、そちらに乗った方がよかったのではないでしょうか。先日不倫が発覚した『SPEED』の今井絵理子も参議院議員に当選したのです、高橋も可能でしょう」(同・記者)


政治家にはなれても、中森のような歌手にはなれそうもない。


?

関連記事(外部サイト)