まるで社会見学?マンネリ化が酷い「キスブサ」視聴者の不満爆発

7月31日に放送されたバラエティー番組『キスマイBUSAIKU!?』(フジテレビ系)で、似たような企画が毎週のように続いていることから、激怒するファンが続出している。


この日は、最新のトレンドを学ぶ『キスブサトレンドバトル』が放送された。『Kis-My-Ft2』のメンバーから選抜された4人が、“いま売れているアイスを作れるか?”をテーマに、オリジナルのアイスを考案するという内容だった。一般女性100人に試食してもらい、ランキングを決めるコーナーで、ゲストにはモデルの森泉を迎えた。


メンバーに選ばれた玉森裕太、北山宏光、宮田俊哉、千賀健永の4人は、フローズンフルーツバー専門店の『パレタス』に、アイスの最新トレンドを学びに行った。4人はどんなアイスを作るのかをイラストを描き、商品開発のプロにプレゼンし、直接アドバイスをもらうことになった。


北山は、鎌倉野菜のテリーヌのようなアイスを提案。宮田は、ブラックペッパーを組み合わせたアイス、千賀はイチゴにクリームチーズとトリィフを合わせたアイス、玉森は夏野菜カレーアイスと、色合いや具材などに特化した独自のアイスを発表した。


最下位を発表する前に、ゲストの森は最下位が『夏野菜カレーアイス』だと予想し、見事に的中させた。そのアイスを渡された森泉は「これ、食べるの?」と少し嫌走にする場面もあった。1位は、千賀の飴細工が飾られた『トリュチーズストロベリーアイス』だった。


?


ファンの「流行りの〇〇とかそんなんどーでもいい」という冷めた意見

これを見た視聴者はSNS上で、《みっくんのやつ食べてみたい》、《玉森くんは本当にアイデアマンだな》、《甘いよりしょっぱい系を選ぶのは食べ盛り男子だから》、《考案したアイスが実際あったら売れる》などと好意的な感想を寄せていた。その一方で多く投稿されていたのは、番組内容への批判的な投稿だった。


一部のファンからは、《初期の頃のが面白くて好き》、《キュンキュンするようなネタが欲しい》、《いつから一般企業で働いたことのないキスマイの社会科体験番組になったんだ》、《本来のキスマイらしい企画に戻してほしい》などと、放送終了後は否定的な声が相次いだ。さらには、《流行りの〇〇とかそんなんどーでもいいよ》と、番組開始直後から冷めた目で見ていた視聴者もいた。


流行を意識しすぎるあまり、ファンの要望をないがしろにしているようだ。


?


【画像】


(C)Africa Studio / Shutterstock

関連記事(外部サイト)