倖田來未、過去を語るも「羊水腐る」発言に触れず "黒歴史"を明かさない姿勢に疑問視

記事まとめ

  • 倖田來未が日本テレビ系『誰だって波瀾爆笑』で歌手として大成する前の苦労話を語った
  • 倖田は、問題になった「羊水が腐る」発言以後の謹慎話には触れなかった
  • ツイッターでは自身の“黒歴史”を明かさない倖田の姿勢を疑問視する声があった

過去を語った倖田來未「羊水腐る」発言無かったことに…

芸能人の来歴を紹介するバラエティー番組『誰だって波乱爆笑』(日本テレビ系)に歌手の倖田來未が出演した。歌手として大成する前の苦労話を語ったが、過去に大きな問題になった「羊水が腐る」発言以後の謹慎話には触れられることはなく、視聴者からは不満の声が漏れている。


倖田は2008年にラジオ番組で「35歳を過ぎると羊水が腐る」と発言したことが大々的に批判され、その後は半年近く歌手活動の自粛を余儀なくされたことがある。


この日の放送を見た視聴者が《倖田來未ってまだギリ羊水が腐ってない年齢なんだな》などとSNSに投稿し、自粛時や現在の心境を口にするのではないかと注目されたが、騒動に関しては全く触れられることはなかった。


放送内では、倖田の下積み時代の苦労話や、2012年に出産した長男を育てながら、日々ライブの準備に励む姿が放送された。これには《努力家で、仕事に対して真面目でストイック》、《旦那さんと息子くんとのシーンは、とても幸せそうな画で印象的だった》、《家庭の雰囲気とか映像で出すし、全部正直に昔の話もするし。これだから大好きなんだよ》と賞賛するファンもいたが、ファンでない視聴者は白い目で見ていたようだ。


?


「黒歴史」に触れてこそ「波瀾万丈」なのに…

ツイッターでは《ものの見事に「羊水が腐る」発言については完全にスルーしていたな》、《この発言があっての倖田來未だっていうのに残念な話だね》と、都合の悪いことは口にしない倖田を批判する声や、前身の番組名前『誰だって波瀾万丈』を引き合いに《どこが「波瀾万丈」やねん》などと、自身の“黒歴史”を明かさない倖田の姿勢を疑問視する声があった。


さらに《記者に塩対応して叩かれた彼女よりこいつらの方が叩かれて懲りるべきだと思うぞ》と、現在も「別に…」発言でバッシングを浴びたが、現在も失言騒動をネタにしながら徐々に人気を回復しつつある沢尻エリカと比較し、倖田をこき下ろす声もあった。


失言騒動から9年がたつが、あのころの“怒り”を忘れていない視聴者も多いようだ。


?

関連記事(外部サイト)