高橋ジョージ“久々の”バラエティーで自虐連発も「切ない」「痛々しい」

高橋ジョージが『有吉ゼミ』で自虐連発 元妻・三船美佳の再婚には"祝福メール"も

記事まとめ

  • 高橋ジョージが『有吉ゼミ』に出演し、寂しい独身生活の自虐≠連発した
  • 高橋といえば元妻・三船美佳が再婚した際に怨念めいた祝福メール≠送り話題に
  • 番組では「笑うところに出ちゃいけないと思った」とバラエティーを自粛していたと告白

高橋ジョージ“久々の”バラエティーで自虐連発も「切ない」「痛々しい」

高橋ジョージ“久々の”バラエティーで自虐連発も「切ない」「痛々しい」

高橋ジョージ“久々の”バラエティーで自虐連発も「切ない」「痛々しい」の画像

タレントの高橋ジョージが5月20日『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演。元妻・三船美佳が再婚した際に怨念めいた祝福メール≠送り話題となった高橋だが、この日は寂しい独身生活の自虐≠連発。視聴者からは「痛々しい」と嘆く声が聞かれた。



高橋は三船の再婚発表時「報道にあった優しい方ならば、娘と引き裂くようなことはなさらないと思います」と、娘に会わせるよう暗に訴えたツイートが「怖い」と話題になっていた。


高橋は番組で、大盛りの激辛メニューの完食に挑む企画『激辛チャレンジグルメ』に登場。あばれる君がエスコートし、「激辛に強くて根性のある方」と高橋らを紹介。「激辛ロックンローラー」と自らを評した高橋は、激辛で有名な名古屋のラーメン店『味仙』で「日本一辛いのを作ってくれと頼んだことがある」などと自慢し、激辛メニューへの自信をのぞかせた。


?


ある出来事≠フせいでバラエティーを自粛していた

あばれる君、みちょぱ、大西結花とともに激辛チーズパスタを口にした高橋だったが、「世界で最も辛い唐辛子」キャロライナ・リーパーが入ったパスタに高橋は四苦八苦。口に入れるなり「ゴホゴホ」とむせ、周囲を笑わせた。


しかし早々にギブアップする周囲を横目に、涙目でパスタをかき込んでいった高橋。「どうしてそんなに頑張るの?」と問われると、「久々なんだよね、バラエティー(番組に)出るの」と明かし、「自分が笑うところに出ちゃいけないと思った。ある出来事が」とバラエティーを自粛していたと漏らした。


さらに還暦を迎えたという高橋は、「もう1回結婚したい。20年以内に必ず死ぬんで、財産を残して。よろしくお願いします!」と再婚相手を募集する場面も。自虐ネタを放ちながら参加者の中で唯一、完食に成功した。


男気を見せた高橋だったが、視聴者からは、


《高橋ジョージ見てたら、なんか切なくなっちゃった》

《ひっそり暮らしてなよ。なんか……痛々しい》

《高橋ジョージさん。何でもないことが幸せだったよね》


と、自虐ネタを放ち続けた姿に「切ない」と嘆く声が聞こえた。


高橋に再婚相手が見つかって一番安心するのは、間違いなく三船美佳だろう。


?


関連記事(外部サイト)