フジテレビ「ユアタイム」後番組で加藤綾子に出演交渉中

フジテレビ「ユアタイム」後番組で加藤綾子に出演交渉中

フジテレビ「ユアタイム」後番組で加藤綾子に出演交渉中の画像

フジテレビの深夜のニュース番組『ユアタイム』の番組終了と、メインキャスターの市川紗椰の降板が決定した。後番組もニュース番組のようだが、MCに同局の椿原慶子アナが起用されることだけが明らかにされている。



「一部の芸能サイトでは、市川がキャスターという立場でありながら、2月からビールのCMに出演していることが問題だといわれています。しかし、それが直接の原因であるのならば、4月で降板させればよかったはずで、的外れな指摘です。番組を見ていれば分かりますが、彼女はもともとモデルであってキャスターではない。そこに問題がありました」(テレビ雑誌編集者)


市川がニュースの内容についてコメンテーターに話を聞く際、返事は「はい」とは言わず、「ああ」や「うん」という言葉。自分の意見と違うと「だって、それはおかしいでしょ」などと顔を赤らめ反論する場面も見受けられた。そのため、ニュースキャスターには向いていないという意見が多くあった。


「モデル出身であるため、ビジュアル重視で番組の視聴率を上げようという意図で起用されていたのでしょう。しかし、司会の下手さはどうにもならなかった。それが視聴率に表れています」(同・編集者)


番組は月曜から木曜は23時半からの放送で、視聴率は連日2〜3%。ときには、1%台もあるというから、打ち切りやむなし状態だった。


?


宮内社長の希望は「ユアタイム」と「HERO’S」の両潰し

「6月に新社長になった宮内正喜社長が真っ先につぶしたかった番組です。後番組にはかつて同時間帯のニュースで人気だったフリーアナウンサーの滝川クリステルを起用したかったのですが、亀山千広前社長がクビを切った経緯もあり、彼女は新番組の依頼を固辞したそうです。そのため、椿原アナの起用が決まったようです」(女子アナライター)


滝川は『ニュースJAPAN』や『Mr.サンデー』などのキャスターで人気を博したが、2013年をもってフジテレビの全番組を降板している。


「滝川に断られた末の椿原アナの起用ですが、椿原アナへの世間の認知度は低く、番組開始当初から高視聴率は見込めません。そのため、椿原アナと同期入社で現在はフリーアナの加藤綾子に単日の出番を依頼中です。ただ、加藤も難色を示しているようです」(同・ライター)


加藤は現在、フジテレビで日曜日のスポーツ番組『スポーツ LIFE HERO’S』のMCを務めている。この番組もユアタイム同様に不評で低視聴率が続いている。加藤が人気の独身野球選手ばかりを取材しているため、「加藤のための婚活番組」と陰口を叩かれている有様だ。


「宮内社長はHERO’Sも終了させたいのです。それで平日の新番組に加藤を誘った。でも加藤は野球選手の取材を前提とすることを主張して、お互いの思惑が一致しないのです」(フジテレビ関係者)


滝川がニュースキャスターを務めていたときには、滝川の人気もあったが、まずニュースありきで番組が作られていた。起用する人間ではなく、制作体制を見直すことも求められるだろう。


?

関連記事(外部サイト)