毎月のように起こる芸能人の「ゲス不倫」報道

今年1月に、週刊誌が俳優の袴田吉彦と不倫関係にあったというグラビアアイドルの存在を報じた。記事によると、袴田の方から女性に声を掛け、その日のうちにホテルで男女の関係になったという。


3月発売の写真週刊誌では、元『AKB48』川崎希の夫であるアレクサンダーが“車内不倫”に様子を掲載された。コインパーキングに停めた自動車内で、毛布をかぶり、事に及ぶ様子を報じられたのだった。


4月発売の写真週刊誌がヒップホップユニット『RIP SLYME』のSUが不倫疑惑を報じられた。相手は22歳年下のモデルの江夏詩織で、ミュージシャンとしても活動している。


「今回の件が報じられ、妻でシンガーソングライターの大塚愛に相当叱られた様子です。しばらくはおとなしくしているのではないでしょうか」(芸能事務所関係者)


“バツイチ”のSUは、これ以上離婚歴を重ねたくないという思いもあるようだ。


?


渡辺謙の異例の不倫釈明会見

こちらも6月発売の写真週刊誌では、女優の仲間由紀恵の夫である俳優の田中哲司と、ヘアスタイリストの女性との不倫疑惑が掲載された。仲間が仕事で日本を離れているあいだに、田中が相手の自宅マンションへ変装して行ったというものだった。


「仲間と田中は妊活中だったともいわれており、その最中の夫の裏切りは、仲間にとって相当ショックだったと聞いています。仲間は潔癖症でもあるため、もし、もう体が受け付けないとなれば、おのずと離婚になるでしょう」(同・関係者)


大物俳優の不倫騒動も話題となった。俳優の渡辺謙が7月15日に記者会見を行った。内容は3月末に週刊誌で報じられた21歳年下のジュエリーデザイナーとの不倫についてだった。渡辺はその際に、「わたしの軽率な行動が応援してくださった皆様に多大な心配、ご迷惑をお掛けしました」と謝罪した。


不倫報道から約3カ月後という、かなり期間が空いてからの会見だったが、渡辺によると「冷静になる時間が必要だった」、「オファーを受けていた仕事が今後どうなっていくのか話をさせていただいた」、「妻に苦しい、悲しい思いをさせてしまったので、きちんと謝罪をして、時間をかけながら軌道修正をしているところ」など、時間を要した理由を話した。


不倫に対して世間の目は年々厳しさを増している。そう簡単に“無罪放免”とはいかず、しっかりと説明責任を果たさなければならない世の中になったようだ。


?


【画像】


(C)Mama Belle Love kids / Shutterstock

関連記事(外部サイト)