SMAP解散発表1年…ファンが何度も見返す「伝説のシーン」

SMAP解散発表1年…ファンが何度も見返す「伝説のシーン」

画/彩賀ゆう

国民的アイドルグループ『SMAP』の解散が発表されたのが、昨年の8月14日。この日はファンにとって“アニバーサリー”の日になっていることだろう。


「ファンたちは、ちょうどお盆で会社も休みになるこの時期の故郷で里帰りしたタイミング、もしくは仲がいい友達などで『記念ライブDVD上映会』や『SMAP×SMAPの最終回を見る会』など、仲間うちのイベントなどを催しているといいます。解散してもまだSMAP愛が冷めやらぬファンたちが、ようやく解散のショックが癒えて、こうした試みができるようになった。解散発表から1年という時間が経過したからでしょう」(芸能記者)


さまざまな紆余曲折を経て、あれから1年が経ち、稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾はジャニーズ事務所を9月に退所する決断をした。木村拓哉は映画の観客動員数などの芸能活動で結果が出ないながらも、新たなドラマのオファーがあり、来年1月にスタートするテレビ朝日系での出演が決まっている。中居正広はジャニーズ事務所に残ることになったが、それが奏功したか、さまざまなテレビ番組にMCとして出演している。


?


ファンのあいだで伝説になっているSMAPの名シーン

5人とも全く違う道を歩み始めた元SMAPのメンバーたちだが、ファンにとっては「いまだに心の中で5人は歌って踊っていますよ」(40代女性ファン)という存在。


特にファンたちのあいだで繰り返し再生されるのは、2014年夏に27曲45分3秒にわたって展開された『FNS27時間テレビ』でのノンストップライブだ。このとき、SMAPの5人が歌い終えたあと、会場からフジテレビ社屋まで歩いて戻ることになったのだが、そのさなかに元メンバーの森且行からSMAPメンバー5人への直筆の手紙が紹介された。


「これはいまだにファンのあいだで伝説となっているシーンです。この森くんの手紙の場面だけ何度も再生しているファンもいます。それまで『SMAP×SMAP』の画面では何度も編集で出演がカットされてきた森くんが、堂々と名前を言ってメンバーを激励した、記念すべきシーンです」(50代のファン)


かくして、8月14日はSMAPファンが集い、何らかのイベントを行う日になりそうだ。あなたの周りの元SMAPファンも、この日は記念行事でふさがっているかもしれない。


?

関連記事(外部サイト)