坂上忍「卑劣な二枚舌」番組レギュラー宮迫の不倫騒動を全力擁護

坂上忍「卑劣な二枚舌」番組レギュラー宮迫の不倫騒動を全力擁護

坂上忍「卑劣な二枚舌」番組レギュラー宮迫の不倫騒動を全力擁護の画像

8月9日に放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)は、不倫疑惑が報じられた『雨上がり決死隊』の宮迫博之の話題を取り上げた。今井絵理子や斉藤由貴の不倫騒動とは違い、宮迫は同番組の金曜MC。終始宮迫を擁護するMCの坂上忍らレギュラー陣に批判が殺到している。



坂上は「昔はメモやレコーダーで取材してたけど、今は動画(が撮れるカメラ)を持って突撃してくる。周囲や自分の子供や家族の事を考えたら、とりあえず(不倫の事実を)否定して、ちょっとワンクッション置かせて……というのは分かる」と、宮迫が不倫を否定したことに理解を示した。


坂上は、不倫疑惑の相手が独身女性だったことを考慮し「今回はダブル不倫ではない」と宮迫をさらに擁護。「宮迫が妻帯者であることを知らないはずがない女性2人ということはそこを(宮迫が妻帯者であることを)了承した上でのお付き合いということになる」と、女性側にも責任の一端を担っているとの認識を示した。


「商売柄、週刊誌に撮られたら『負け』ではある」と宮迫が負う責任の大きさを強調しつつも、「ここ(宮迫)の家族の中で解決してくれればという話」と話を収めた。


?


『文春』関係者にコソっと相談も

坂上は元『週刊文春』のジャーナリスト・中村竜太郎氏に「相談したら何か(番組レギュラーに配慮)してくれるの?」とさりげなく相談。「相談されたら多少のネゴシエーション(交渉)はしますけど」と中村氏が答えると、坂上は「宮迫くんもやっときゃよかったのに」と笑った。坂上は前日まで斉藤由貴の不倫疑惑を話題に取り上げ、斉藤をこき下ろしていた。インターネット上では《(同じく不倫した)渡辺謙や宮迫の不倫は笑ってほめるんだ》、《昨日までは斉藤由貴をボロクソに叩いてたくせに》、《公平性に欠ける放送をして心が痛まないのか》などと、宮迫の不倫を擁護する坂上に批判が殺到した。


不倫が取りざたされる外部の人間は容赦なく批判するものの、大物や身内には甘い坂上。これだけ批判浴びては視聴率低下も時間の問題なのか。


?

関連記事(外部サイト)