亀梨和也がKAT-TUN活動再開に意欲か

亀梨和也がKAT-TUN活動再開に意欲か

亀梨和也がKAT-TUN活動再開に意欲かの画像

『KAT-TUN』メンバーの亀梨和也が8月13日にトーク番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)へゲスト出演し、現在充電期間中のグループの現状について語った。



KAT-TUNは、2001年の結成当初には6人だったが、ふたりが脱退宣言をし、ひとりは契約解除となったため、3名で活動していた。しかし、2016年5月からは”充電期間”に入り、無期限の活動休止状態となっている。


番組司会者の『くりぃむしちゅー』上田晋也から「いまも上田(竜也)くんや中丸(雄一)くんとは連絡取ってるの?」と聞かれた亀梨は、「昨日もメールが来ました。ライブや舞台、ドラマの初日は『おめでとう』とメールを打ちます」と答えた。


これを見たファンは、ツイッターへ《「昨日もメールしました」ってのはなんかグッときたなあ》、《亀ちゃん、珍しく『KAT-TUN』を連呼している》などと、喜びを表した投稿をしていた。


?


「これ以上メンバーは減らない」と強調

上田晋也は過去に、『Going! Sports&News』(日本テレビ系)で亀梨との共演し始めたがばかりのとき、スポーツジムで『KAT-TUN』メンバーの上田竜也に会ったことがあり、そのときに「カメ(亀梨)がお世話になってます。よろしくお願いします」とあいさつされたという。上田は「KAT-TUNは素敵なグループだなと思った」そうだが、まさかメンバーが減るとは思わなかったと述懐した。


これを聞いた亀梨は「面白いグループだなと思います、僕」と悟ったような言葉を言い、上田の「もう大丈夫だよね、これ以上は(メンバーが)減らない?」との問いには、「(減らない)はずです」と答えた。


しかし、メンバーが4人だった時期に亀梨が『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際には、上田と同様のやり取りをしたあとにひとり脱退した経緯がある。それを指摘された亀梨は、苦笑しつつ、「もう、さすがにないと思います」と、これ以上のメンバー脱退はないと強調した。


KAT-TUNの活動休止開始から1年以上が経過しているが、現在はメンバーそれぞれがテレビでレギュラー番組を持つなど、安定したソロ活動を送っている。ツイッターでは《上田さんが温かい目でKAT-TUNを見てくれていてうれしい》、《KAT-TUN復活のフラグ?》など、久々のKAT-TUN関連の投稿に盛り上がるファンが多く、喜んでいる様子がうかがえた。


グループ再開はそう遠くないのかもしれない。


?

関連記事(外部サイト)