星野源「NHKとの蜜月」を苦々しく見る関係者

星野源「NHKとの蜜月」を苦々しく見る関係者

星野源「NHKとの蜜月」を苦々しく見る関係者の画像

バラエティー番組『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』(NHK)に出演し、『オモえもん』というキャラクターを演じている星野源が好評だ。



「星野源は、一緒に住んでいるムロツヨシの演じる小学生に、やたらと恩着せがましく何事も迫る、未来から来たロボットを演じています。これが視聴率も評判もよく、早くも『紅白歌合戦』への出場が決定したとも囁かれています」(芸能記者)


オモえもんは『ドラえもん』のパロディーコントで、星野演じるオモえもんとムロツヨシ演じるさとしくんのシニカルなやり取りが人気だ。オモえもんがとにかくさとしくんに“恩に着せる”展開が受けている。8月14日放映では、このコントにゲスト出演した深田恭子が「オモえもんの妹になれてうれしい!」と感激し、演じたオモミともども、視聴者からSNS上で絶賛されていた。


「星野は演技のセンスがあるので、コントが面白い仕上げになっています。新曲の発表もこのコント番組でやるという話も浮上しており、NHKと星野は“蜜月”の関係となりそうです」(同・記者)


?


なにかしらの発表は非常に気をつかう

星野には雑誌やテレビ、ラジオ、CMからもオファーが引っ切りなしに届いている。雑誌『AERA』では、回数限定で連載が掲載された号が増刷されるほどの人気だ。


「AERA誌上で香取慎吾と対談した際には、香取がSMAP解散で元気を失って『音楽を聴く気にならない』という気分でいるときに、星野の『SUN』という曲を聴いて『音楽を再び聴く気になった』と話したことが大きな話題になりました」(同・記者)


すでに、時代を代表する人気者であるがゆえに、紅白歌合戦に出場することは不思議でも何でもないと言えそうだ。


「星野は音楽だけでなく、小説も書き、演技もするというマルチな才能をみせています。もはや国民的なアイドルになりつつあるため、NHKだけがスケジュールを押さえると、広告代理店やほかのテレビ、ラジオ局などのメディアから、不満の声が出て“取り合い”になりそうなのです。今後、星野の予定は極秘事項になり、何をするにせよ、発表に関しては非常に気をつかうようになるでしょう」(同・記者)


星野が出演する音楽番組のあとには、“出待ち”でファンが長蛇の列をなしているという。“星野が出れば売れる”という定説はしばらく続きそうだ。


?

関連記事(外部サイト)