チャゲアス、Wink、光GENJI「復活」狙う

今年1月に女子高校生との淫行疑惑で無期限謹慎となり、6月1日に謹慎を解かれた狩野英孝が先日、『アメトーーク!』(テレビ朝日)で地上波テレビ番組への復帰を果たした。


番組冒頭、MCの宮迫博之から「あけましておめでとうございます」と話を振られると、狩野は「お騒がせしてすみませんでした」と謝罪した。


「謹慎が解け、所属事務所のライブに出演した前日に報じられたのが、小出恵介の淫行疑惑でした。狩野にしてみれば、最悪のタイミングで同様の事件がぶつかりましたが、ようやく地上波復帰にこぎ着けました。ただ、一部では『復帰は早すぎる』との声があり、このまま、順調に地上波出演を増やし、完全復帰となるかは疑問です」(芸能ライター)


?


復活を狙う音楽グループの動向

現在の芸能界では、狩野英孝のほかにも、復活したい人たちが存在する。いずれも音楽グループだ。


「先日、活動再開報道が流れた『Wink』はデビュー30周年を迎える来年に再始動するといわれています。現在はセレブ妻の相田翔子が、2009年にセクシーDVDに出るなど、ソロ活動がうまくいかなかった鈴木早智子に助け舟を出す意味合いもあると思います」(同・ライター)


Wink以外にも、2組の復活が見込まれている。


「『CHAGE&ASKA』の再結成についてASKAは8月に『いまやるのは不自然。時期が来れば』という発言をしていましたが、執行猶予が解ける来年にあるかもしれないとの見方もあります。『光GENJI』も諸星和己が8月のイベントで再結成を示唆する発言をしていましたが、元メンバーはみんなやりたがっているそうです。あとは、所属していたジャニーズ事務所が楽曲やグループの名称などの使用を許可してくれるかでしょう」(同・ライター)


いずれの音楽グループもヒット曲が多く、中高年に人気が高い。実現したら話題になるだろう。


?


【画像】


(C)sumroeng chinnapan / Shutterstock

関連記事(外部サイト)