ヤラセ疑惑? 『火曜サプライズ』の釣り企画に大批判「魚が死んじゃってる…」

ヤラセ疑惑? 『火曜サプライズ』の釣り企画に大批判「魚が死んじゃってる…」

ヤラセ疑惑? 『火曜サプライズ』の釣り企画に大批判「魚が死んじゃってる…」の画像

6月25日放送『火曜サプライズ』(日本テレビ系)の「釣り企画」が炎上している。視聴者は「釣りのマナーが悪い」と批判。釣り上げた川魚が「あらかじめ放流しておいたものでは」と指摘する声も続出している。



モデルでタレントの森星がホスト役を務め、『スピードワゴン』の井戸田潤、『阿佐ヶ谷姉妹』の2人が東京・あきる野市郊外の渓流でマス釣りに挑戦。川釣りの専門家が釣りスポットを案内した。


一同はエサを使った脈釣り≠ノ挑戦すると、初心者の森が釣り糸を垂らしてから10秒でニジマスを釣り上げた。井戸田は「奥に誰かいるの?」と大いに驚いた。その後も出演者は続々とニジマスを釣ることに成功していた。


?


「魚の扱いが乱暴過ぎる…」

専門家によると、この流域で取れる「最高の魚」はヤマメだという。井戸田は見事に大きなヤマメを釣り上げたが、『阿佐ヶ谷姉妹』の姉・渡辺江里子が釣り上げたヤマメはごく小さなものだった。専門家は釣り上げたヤマメをじっくりと触り、定規で計測。ヤマメが体長8.5センチと知るや「15センチ以下の魚は種を守るためにリリースするのがマナー」とし、針をぐりぐりと外して川に無造作に投げ入れた。


妹・木村美穂も微小のヤマメを釣り上げてしまい、専門家は腰の高さからヤマメを川に投げ入れてリリースしていた。この一連の行動に批判が噴出した。視聴者の指摘によると、釣り上げたヤマメをリリースする場合、触るとしても手は濡らしておき、優しく触れるべきだったという。


《手を濡らさずヤマメ触って投げるように逃がしてたけどどうなん?》

《リリースの仕方が超問題。まるでゴミを捨てるかのように投げ捨てていた》

《魚の扱いが乱暴過ぎる… 何であんな振り回したりぎゅって握ったりするのか》

《投げてリリースした魚はひっくり返って泳がない。明らかに弱ってる》

《リリースするサイズなの知ってて何で素手で触るかね、結果死んじゃったようだし》


また釣り初心者の森が一瞬で魚を釣り上げたことや、釣り上げた魚の形状を見て首をかしげる視聴者もいた。


《鼻先に傷あるニジマス 。。養殖じゃん。魚入れてる?》

《テレビ向けだとしても小渓流にニジマス放流し過ぎでしょあれ》

《簡単に釣れ過ぎでは? 絶対川に追加放流してるぞ》

《これ、ニジマス放流してるんじゃない?》

《放流してマスって注釈入れなくていいの?》


「仕込みでは」との指摘も出てしまった釣り企画。釣れ過ぎるのも考えものだ。


?


関連記事(外部サイト)