宮迫博之たたかれっぷり≠ノ既視感「あっ、ベッキーと矢口真里か」

宮迫博之たたかれっぷり≠ノ既視感「あっ、ベッキーと矢口真里か」

宮迫博之たたかれっぷり≠ノ既視感「あっ、ベッキーと矢口真里か」の画像

反社会的勢力に対する闇営業によって、所属事務所から謹慎処分を言い渡された『雨上がり決死隊』宮迫博之、『ロンドンブーツ1号2号』田村亮ら芸人13人。身内から擁護の声が続出し、しまいにはたむらけんじが「誰がこんなに怒ってんの?」と逆ギレ≠ニも受け取られかねない擁護発言をして大炎上している。



たむら同様にこの件に関しては、高橋真麻も「運が悪かった」、ミッツ・マングローブも「そこまで悪いことしたのかな」など、世間のバッシングが過剰気味だとの指摘をしていた。果たして、なぜこの件はここまで盛り上がっているのだろうか。


「ハッキリ言って、宮迫がもともと嫌われ者≠セったからですよ。もちろん、やってしまった行為はかなり悪質ですが、それに加え、潜在的に<Aンチの多い宮迫がやらかしたということが、この件を何倍も大きく燃えさせているのだと思います」(芸能記者)


?


潜在的アンチに餌を与えてしまった

確かに、亮など他の芸人に比べ、宮迫への当たりは人一倍強い。


「もともとそこまで面白いわけでもないのに大物気取りで、ナルシストな雰囲気などに、かなり鼻についていた視聴者が多かったようです。しかし、たたく材料がそういったふんわり≠オたものだったので、大きな爆発は起きず、炎はくすぶっていました。そんなときに、絶好のたたき材料が舞い込んできたので、一斉にたたかれているのでしょう。とはいえ、それだけアンチを増やしてきた宮迫に、同情の余地はありませんが…」(同・記者)


これと似たような件は、以前にもあったという。


「ベッキーと矢口真里ですね。この2人も潜在的アンチ≠ェ多かったものの、たたく材料がいまひとつなため、長年見過ごされてきました。しかし、不倫したことによって格好の餌食に。アンチなどが、テレビのスポンサーに対して『あいつを使うな!』とクレームを入れる口実ができあがりました」(同)


ベッキーと矢口は芸能活動復帰を果たしているが、全盛期の活躍からはほど遠く、いまだに嫌われ者≠ニいうイメージが強い。宮迫も復帰できたとしても、以前のような活躍は難しいだろう。


?


関連記事(外部サイト)