スタッフ逮捕で騒然「水曜日のダウンタウン」が逮捕ネタ放映

『水曜日のダウンタウン』の番組スタッフが逮捕 27日に逮捕ネタを放映し賞賛も

記事まとめ

  • 番組スタッフが逮捕された『水曜日のダウンタウン』で逮捕ネタを放映し話題に
  • ツイッターでは「逮捕されたネタをするとはタイムリー」などと賞賛の声が多数
  • 松本人志や小籔千豊の「スタッフが悪い発言」に対し、SNSでは好意的な意見もある

スタッフ逮捕で騒然「水曜日のダウンタウン」が逮捕ネタ放映

スタッフ逮捕で騒然「水曜日のダウンタウン」が逮捕ネタ放映

画/彩賀ゆう

9月27日に放送された『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が、番組スタッフが逮捕されたにも関わらず、逮捕を前面に押し出した演出だったため話題になっている。



この放送回では、2014年4月から現在までに検証VTRに出演した回数が多い芸能人のランキングが発表された。過去の出演シーンを振り返るなかで、『バイきんぐ』の小峠英二が窃盗事件の容疑者として警察に連行されるドッキリ企画が話題を呼んだ。これは、小峠の楽屋に急に警察官が乱入し、小峠の財布が被害者が探していた財布と一致し逮捕されるというもの。小峠を楽屋にいったん連れ出したあいだに、スタッフが架空の被害者の財布を小峠のかばんに忍ばせておいたのだ。


小峠は犯行を否定し続けたが、あえなく現行犯逮捕される。その後、本来は警察に向かうはずのところを「手口が悪質なため、取り調べを省略する」という無茶苦茶な理由で無理やり裁判所に連行された。


判決では、反省していないと死刑を宣告され、小峠は「死刑!? 重すぎないか!? 」と声を荒らげた。そして、「死刑執行は明日」と告げられた小峠が、ドッキリ企画だと疑わない展開だったため、“名作”だと言われている。


?


「悪い番組ですよ」

番組が放送されたこの日は、週刊誌によって同番組のディレクターが児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕されたことを報じられていた。TBSは「逮捕されたことは大変遺憾です。既に番組の制作会社から外れています」とコメントしている。


事件が発覚して間もない放送で逮捕に関連する企画を入れる演出に対し、視聴者からは批判が出ると思いきや、ツイッターでは《逮捕されたネタをするとはタイムリーだな》、《スタッフが逮捕されてることを考えると、わざとやってるっぽい》、《ディレクター逮捕報道とタイミングかぶるとか、さすがこの番組》などと賞賛の声が多数を占めていた。


番組MCの松本人志は「悪い番組ですよ。人に悪いことしてねえ」と苦笑気味に話した。また、小籔千豊は「ダウンタウンさんが悪いとみせかけて結果スタッフが一番悪いんですよ」と指摘し、松本も「ほんとそうなんですよ、われわれも悪いみたいにねえ」と答えた。


このやり取りを挿入した演出に対してもSNS上で《「スタッフが悪い発言」をわざとやってる気がして怖いぐらい》、《ディレクターが逮捕されたこのタイミングに放送するスタッフも悪いね》などと、おおむね好意的な意見が寄せられた。


この番組が人気の理由は、なんでも笑いに変えられる制作陣の姿勢が受け入れられているからなのだろう。


?

関連記事(外部サイト)