土屋太鳳『ゴチ』“ヤラセ卒業”へ算段!? 後釜の若手女優候補は…

土屋太鳳『ゴチ』“ヤラセ卒業”へ算段!? 後釜の若手女優候補は…

土屋太鳳『ゴチ』“ヤラセ卒業”へ算段!? 後釜の若手女優候補は…の画像

今年の1月より、『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「ゴチになります」に、女優の土屋太鳳とお笑いコンビ『千鳥』のノブが新レギュラーとして加わっている。しかし、土屋に関しては1年限りのレギュラーとウワサされているようだ。



「『ゴチ』では、年間を通して自腹額を争い、最下位の人がクビになるというルールがあります。自主的に卒業という形は基本的に取れないため、土屋は裏ルート≠ナ卒業していくようです」(芸能記者)


それは、わざと負ける&法だ。土屋は6月までで1敗しかしていなかったのだが、直近の2試合で2連敗。クビレース≠ナは、『SexyZone』中島健人に次ぐビリ2位にまで上がっている。


「中島は元レギュラーの国分太一の後釜であるジャニーズ枠=B卒業は当分ありえないでしょう。また、ノブのハマり具合も凄まじく、もはやノブのいない『ゴチ』は考えられません。そこで、番組としては今年に土屋を卒業させる算段を立てているようです。もともと、女性レギュラーは不自然なほど入れ替わりが激しくヤラセ≠ェ疑われていましたが、今回も同じ感じになってしまうかと…」(同・記者)



『ゴチ』レギュラーで好感度をあげる

確かにこれまで、橋本環奈や杏など、多忙な女優レギュラーは、たった1年でクビ≠ニいう名の卒業を果たしてきた。


「例外として、自主的に卒業した二階堂ふみがいましたが、そのときには『だったら最初から仕事受けるな!』『みんなクビになりたくないテイでやってるのに、自主的に卒業とかなめてる』など非難が続出。この経験から見ても、自主卒業は今後起こらないでしょう。卒業したい場合は、わざと負けてクビになるしかないのです」(同)


では、次の後釜は既に決まっているのか。


「現状はほぼ白紙。ですが現在の『ゴチ』は、若手女優がバラエティーに出て好感度を上げる場になっているので、相応の人気者が起用されるでしょうね。芳根京子、広瀬アリス、福原遥、大原櫻子などが目にかけられています」(同)


もしかしたら、土屋太鳳の制服姿を見られるのは今年で最後かもしれない。存分に目に焼き付けておこう!



関連記事(外部サイト)