小林麻耶 “復帰”で早くも売れっ子!? 新事務所のハンパない営業力

小林麻耶 “復帰”で早くも売れっ子!? 新事務所のハンパない営業力

(C)まいじつ

元TBSアナウンサーの小林麻耶が7月8日、自身のブログを更新し、来る7月20放送の『ジョブチューン』(TBS系)に出演することを報告した。小林は昨年7月に電撃結婚し、一時は芸能界引退を宣言していたが、先ごろ復帰を発表。TBSの先輩アナウンサー・生島ヒロシが会長を務める生島企画室に、夫の國光吟氏とともに所属したことが報じられた。



通常、復帰となれば前事務所であるセント・フォースに戻るのが通例だが、小林は夫とともに入れる事務所を切望し、女子アナばかりの同事務所には最初から戻るつもりはなかったようだ。生島企画室に決まったのは、小林がたまたまカフェで生島と出会い、相談したことからトントン拍子で話が進んだという。


それにしても小林はともかく、一般人である夫まで面倒を見るとは、生島もずいぶん懐が深いものだが…。


「生島企画室は生島が独立した1989年に設立されました。一時は生島の朝のレギュラー番組が週に1、2本しかなく、10億円以上の借金を抱えていたこともありましたが、2002年にタレントの優木まおみがブレークしたことで、借金を返済。今では70人余のタレントを抱える大所帯となっています。何らかの事情で目が出ないタレントが急に売れっ子になるケースもあり、最近は駆け込み寺的な存在になっているようです」(芸能事務所関係者)



生島ヒロシの営業力で早くも売れっ子に!?

つい先日もタレントのせんだみつおが月極契約タレント≠ニして同事務所に所属したことを発表し、話題になった。また、プロ野球ソフトバンク前監督で野球解説者・秋山幸二の1人娘・真凜も、スポーツキャスターとして同事務所に所属したことを発表したばかりだ。


「小林の復帰に関しては、アンチから厳しい意見が上がっているのも事実です。雇用する側から見れば、かなりリスキーなタレントですが、フタを開けてみれば、小林のもとにはすでに数十本のオファーが殺到しています。これも生島の営業力のすごさでしょうね。生島は苦労人だけに、会長となった現在でも腰が低いことで知られています。自らテレビ局に足を運び、小林のことを相当売り込んだようですね。将来的には、生島の朝のラジオ番組『生島ヒロシのおやよう定食/一直線』で、小林をアシスタントに起用するのではないかとウワサされています」(芸能記者)


メンタル面での弱さを露呈し、今ではすっかりうざキャラ≠ニなってしまった小林だが、生島と出会ったことで人生の一大転機が訪れた。今後、このまま順調に仕事が回っていけば、もはや生島に足を向けて寝ることはできないだろう。



関連記事(外部サイト)