「アイドルは男に媚びてる!」美人芸能人の黒歴史 “ビッグマウス”集

「アイドルは男に媚びてる!」美人芸能人の黒歴史 “ビッグマウス”集

「アイドルは男に媚びてる!」美人芸能人の黒歴史 “ビッグマウス”集の画像

気が強くなければとてもやっていけない芸能界だが、それを全面に出すと炎上してしまうことも。勘違い発言が話題になった美人タレントたちを紹介していこう。



まずは元『AKB48』のセンター前田敦子。2012年8月にAKBを卒業し、女優に転身したのだが、16年にスポーツ紙のインタビューに対して、


《憧れの女優は若尾文子さん。将来の夢は、ずっと映画に出続けて『前田敦子映画祭』のように名前が残る女優になることです》


と、超ビッグマウスが飛び出したのだ。これには当然のごとく、


《自己評価高過ぎw》

《うわぁ、あの程度の演技力で恥ずかしげもなくよく言うわ》

《すごい勘違い発言。これは恥ずかしい〜》


など、冷ややかな声であふれかえった。



虚勢?自分が見えてないだけ?

続いては女優の橋本愛。17歳のときにNHK朝ドラ『あまちゃん』(13年)出演で大ブレークした彼女だが、それ以前のインタビューで、「もう私、女優としてやれることはやり切っちゃいました。もうやることないですよ」と語っていたという。


さらに、同じ13年に公開された映画『さよならドビュッシー』で、橋本にピアノ指導をしたピアニストの清塚信也は、映画の舞台あいさつで「話し掛けても10回のうち1、2回ぐらいしか反応がないんですよね。それ以外はずっとスルー」と橋本の態度を暴露していた。


最後は元『モーニング娘。』の久住小春。 05年、小学6年生のときにグループ入りし、多くのファンを獲得したのだが、ビッグマウス発言で一気にファンが離れていくことに…。


「明石家さんまがMCを務め、先輩の道重さゆみも同席していたラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBS)に出演したときのことです。久住が中途半端な時期にグループを脱退したとさんまが切り込むと、久住は『やめて成功しました!』と勝気に反論。続けて、『モーニング娘。って男性のファンが多い。モデルは女性のファンがすごく多くて。女性から支持を受けたかったんですよ。アイドルだと男の人に媚びてる』と、まさかのアイドル批判をしました。さらに『芸能界に入りたくて、モーニング娘。に入ったんですよ』『ステップアップ!』とまで口に。また、他のモデルに対して自分が勝っているパーツとして、『顔』と言い放ったのです」(芸能記者)


当然、久住には批判が殺到。今でもイメージがかなり悪く、仕事もすっかり減っているようだ。


ビッグマウスもサービス精神だと思えば、決して否定できないが…。



関連記事(外部サイト)