亀梨和也「KAT-TUN復活」を口にするも具体化しない理由

亀梨和也「KAT-TUN復活」を口にするも具体化しない理由

画/彩賀ゆう

亀梨和也の“人間性”を疑う声があちこちから挙がり始めているという。



亀梨は、現在活動休止中の『KAT-TUN』のメンバーだが、同グループは昨年5月に活動を停止している。現在はそれぞれがソロ活動をしているが、亀梨以外おおよそ活躍しているとは言い難い。


「亀梨は今年に入って何度もKAT-TUNの再開について口にしています。でも、具体的なグループ再始動の情報はありません。格好をつけるため話しているだけのようにも見えるのです」(ジャニーズライター)


亀梨は今夏の『24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜』(日本テレビ系)で『嵐』の櫻井翔、『NEWS』の小山慶一郎らと共にメインパーソリティーを務めた。


「亀梨、櫻井、小山はそれぞれ日本テレビで番組司会をしているので、妥当なパーソナリティー起用だったのかもしれません。しかし、櫻井や小山とは違い、亀梨は所属グループが活動休止中です。亀梨だけが司会業を受けたことで、同じKAT-TUN所属の中丸雄一、上田竜也に対して圧倒的な差を付けたことになるのです。KAT-TUNの復活という話は、完全に自己宣伝でしょう」(女性誌記者)


?


再始動を示唆するのはジャニーズのため?

亀梨は今年、バラエティー番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)へゲスト出演した際、司会の国分太一に「事務所で仲のいい人は?」と聞かれると「木村さん」と答え、中丸や上田との違いを見せつけていた。


「ジャニーズは『少年隊』や『V6』など、特別なイベント以外は活動していないグループが多い。でもグループが存在すればファンクラブも残るし、会費も取れる。再始動を公言しているのは事務所の片棒を担いでいるだけ。前は中居正広と仲よくし、“独立派”などといわれていましたが、結局は木村にくっ付いてジャニーズに懐柔されているのでしょう」(同・記者)


しかし亀梨は、仲がよかったはずの中居と距離を置き始めた。


「亀梨は中居は野球という共通の趣味があり、一時期は中居と仲がよかったので“中居派”だとみられていました。しかし、中居の自己中心的な人間性に気付くと、木村拓哉に乗り換えたのです」(前出・ライター)


みんな同じ事務所所属、「仲よくすればいいのに」とファンは思っていることだろう。


?

関連記事(外部サイト)